Fandom


類似した名称の記事はスター・ウォーズ:ダース・ベイダーを参照
Darth VaderDark Lord of the Sith

スター・ウォーズ:シスの暗黒卿』(原題:Star Wars: Darth Vader: Dark Lord of the Sith)は2017年6月7日からマーベル・コミックより刊行が始まったスター・ウォーズコミック・ブック・シリーズである。チャールズ・ソウル著、ジュゼッペ・カムンコリ画。物語は映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のラストシーンから始まり、ダース・ヴェイダーの最初の日々を描く。

シリーズの名称

出版上の原題は『Star Wars: Darth Vader』と表記されており、2015年2016年に刊行された『スター・ウォーズ:ダース・ベイダー』シリーズと完全に同一である。両シリーズを区別するため、マーベル・コミックの編集者ヘザー・アントスは自身のTwitter上で新シリーズの正式名称は『スター・ウォーズ:ダース・ベイダー シスの暗黒卿』(Star Wars: Darth Vader: Dark Lord of the Sith)であると発表した。[1]

2019年に本シリーズの翻訳が始まり、日本でのシリーズ・タイトル表記は『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿』となった。

シリーズの作品集

翻訳版単行本は、原初単行本の2~4巻を2冊にまとめ、計3冊で発売。[2]

タイトル 収録作 収録作の発売時期 邦訳版発売日
帝国の爪牙#1~62017年6月7日~2017年10月4日2019年3月28日
潰えた遺産#7~122017年11月1日2018年2月28日2019年8月20日
燃える海原#13~18
アニュアル2
2018年3月14日~2018年7月11日なし(前後の巻に分割収録)
ベイダーの城#19~2018年8月8日2019年9月21日

脚注

  1. TwitterLogo @HeatherAntosヘザー・アントス) - Twitter. “Darth Vader: Dark Lord of the Sith is the full name.”
  2. TwitterLogo @ヴィレッジブックスの翻訳アメコミヴィレッジブックス) - Twitter. “『シスの暗黒卿』シリーズは原書では全4巻ですが、日本版では原書2~4巻を2冊にまとめての収録となっております(原書3巻が分割収録される形式です)。”
正史スター・ウォーズコミック
スター・ウォーズ シリーズ
1. スカイウォーカーの衝撃 - 2. ナー・シャッダの決斗 - 3. サンスポットの騒乱 4. ハービンジャー最後の飛行
5. ヨーダの知られざる戦い - 6. 星々の中で - 7. ジェダの焦土 - 8. モン・カラの反乱
ダース・ベイダー シリーズ
1. ダース・ベイダー - 2. 偽りの忠誠 - 3. シュー=トラン戦役 - 4. 断たれた絆
シスの暗黒卿 シリーズ
1. 帝国の爪牙 - 2. 潰えた遺産 - 3. 燃える海原 - 4. ベイダーの城
ケイナン シリーズ
1. ラスト・パダワン - 2. ファースト・ブラッド
ポー・ダメロン シリーズ
1. ブラックスコードロン - 2. 迫りくる嵐 - 3. レジェンド・ロスト - 4. レジェンド・ファウンド - 5. 火花と炎
ドクター・アフラ シリーズ
1. アフラ - 2. 巨万の富 - 2. 立場逆転
クロスオーバー作品
ベイダー・ダウン - スクリーミング・シタデル
ミニシリーズ
ダース・モール ダソミアの後継者 - プリンセス・レイア - ランド - 砕かれた帝国 - チューバッカ
オビ=ワン&アナキン - ハン・ソロ - フォースの覚醒 - ダース・モール - ローグ・ワン
メイス・ウィンドゥ - キャプテン・ファズマ - スローン - 最後のジェダイ - ランド 大いなる賭け
ハン・ソロ - ハン・ソロ 帝国軍候補生 - エイジ・オブ・リパブリック
アドベンチャーズ
フォース・オブ・ディスティニー - ベイダーの城の物語
短編コミック
C-3PO - キャシアン&K-2SO - ベン・ケノービ老人の日誌より - ベケット
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。