この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

スター・ウォーズ:リパブリック:デヴァロニアンの視点』(原題:Star Wars: Republic: The Devaronian Version)はコミック・ブック・シリーズ『スター・ウォーズ:リパブリック』の#40と#41で展開されたストーリーである。2002年ダークホースコミックスから発売された。『ジェダイ評議会:戦争行為』で描かれた内容をデヴァロニアンヴィルマー・グラークの視点から語り直す改作となっている。

出版社による作品紹介

コルサント最下層の酒場やクラブで忌まわしい噂が広まっている。ヴィルマー・グラークが軟弱者になり、あろうことかジェダイとともに活動しているというのだ。ヴィリーがカタギになってしまったらしい。我らがデヴァロニアンの無法者はこの誤解を正すべく、あの時何が起きたのか、やや歪んだ彼なりの視点から語ってくれる。

(出典:Star Wars 40: The Devaronian Version, Part 1)

登場人物・用語

カバー・ギャラリー

外部リンク

スター・ウォーズ:リパブリック
ストーリー・アーク 反乱への序曲 - アウトランダー - マラステアへの使者 - 黄昏 - 永遠の終わり - オーラ・シングを追え - 暗黒 - スターク・ハイパースペース紛争 - デヴァロニアンの視点 - 通過儀礼 - 名誉と義務 - 戦場のニューフェイス - ジャビームの戦い - フォースのショー - レンディリのドレッドノート - トラックダウン - サルーカマイ包囲戦 - 未知の彼方へ - 見えざる敵
独立したストーリー スタークラッシュ - 犠牲 - カミーノの防衛 - 爆発半径 - ダブル・ブラインド - 影からの攻撃 - エネミー・ライン - 憎悪と恐怖 - デッド・エンド - ノー・マンズ・ランド - ブラッドライン - フォーエヴァー・ヤング - アーマー - 忠誠
関連作品 ジェダイ評議会:戦争行為 - ジェダイ - オブセッション - パージ - ダーク・タイムズ
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。