Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

スター・ウォーズ/フォース・オブ・ディスティニー ヘラ』(原題:Star Wars: Forces of Destiny—Hera)は同名のアニメ・シリーズを元にした全5編の週刊コミック・ミニシリーズ『スター・ウォーズ/フォース・オブ・ディスティニー』の第3作である。デヴィン・グレイソン作、エヴァ・ワイダーマン画。2018年1月17日発売。未邦訳。

あらすじ

バールという名の青年から連絡を受け、ヘラ・シンドゥーラチョッパーフェクンダ・アウトポストを訪れる。ヘラはこの農耕コミュニティを反乱軍の供給網に加えたいと考えていた。しかしフェクンダの住人が銀河帝国によって搾取されている状況を目の当たりにしたヘラは、帝国に対して効果的に立ち向かう方法を農民たちに教えることにした。

制作背景

作家のデヴィン・グレイソンの記憶によれば、彼に依頼された注文は「エピソードの合間、ヘラがチョッパーと共に<ゴースト>で行った任務」というシンプルなものだったという。グレイソンはふだん人間関係を描くことが多いため、<ゴースト>の残りのクルー、特にケイナン・ジャラスが不在であることは大きな制約となった。しかし彼はヘラが最初に出会ったクルーであるチョッパーと2人きりのときの方が、人々を導き奮い立たせる彼女の姿をより克明に表現できるかもしれないと考えた。[1]

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。