Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

スター・ウォーズ/フォース・オブ・ディスティニー レイ』(原題:Star Wars: Forces of Destiny—Rey)は同名のアニメ・シリーズを元にした全5編の週刊コミック・ミニシリーズ『スター・ウォーズ/フォース・オブ・ディスティニー』の第2作である。ジョディー・ハウザー作、アリアナ・フローリアン画。2018年1月10日発売。未邦訳。

あらすじ

砂漠惑星ジャクーで、変わり映えのしない孤独な日々を送っていたゴミ漁りレイは、ある日アストロメク・ドロイドBB-8ティードーから助け出した。寂しい思いをしていたことと、ドロイドを1体助けたくらいで大したトラブルの種にもならないだろうと考えたこともあり、レイはBB-8が家についてくるのを許した。しかしその直後から、思いもよらない展開がいくつもレイの身に降りかかることになる。

製作背景

本作は映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のシーンとアニメ『フォース・オブ・ディスティニー』のエピソード『ジャクーの砂』および『BB-8強盗』をひとつに繋げた構成になっている。作者のジョディー・ハウザーはインタビューに対し、本作の目標のひとつは短編アニメを繋げることであり、その合間に挿入したオリジナルのシーンが特に気に入っているとコメントしている。[1]

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。