Fandom


(批評家の反応)
62行: 62行:
 
to assist the overwhelmed
 
to assist the overwhelmed
 
Jedi....}}
 
Jedi....}}
  +
  +
==概要==
  +
『[[スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス|ファントム・メナス]]』の出来事から10年後、[[銀河共和国]]は混乱のさなかにあった。かつての[[ジェダイ・マスター]]・[[ドゥークー]][[伯爵]](別名[[シス卿]][[ダース]]・ティラナス)率いる[[独立星系連合|分離主義運動]]が平和を脅かし、[[銀河元老院]]は共和国を守るための常備軍を設置する[[軍隊創設法案]]について協議していた。[[ナブー]]の元[[女王]]、[[パドメ・アミダラ]][[元老院議員]]は法案反対に投票するため[[コルサント]]に戻ったが、[[銀河]]にはもはや平和を維持できるほど充分に[[ジェダイ]]はいなかった。
   
 
==展開==
 
==展開==

2016年9月22日 (木) 01:46時点における版

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(Star Wars: Episode II Attack of the Clones)は、2002年に公開されたスター・ウォーズ映画の第5作でプリクエル・トリロジーの2作目である。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に始まり、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』で完結するプリクエル・トリロジーの2作目。ライブ=アクション・シーンのほとんどにデジタル24フレーム・システムを使用した最初のスター・ウォーズ映画でもある。

物語はナブーの戦いの10年後から始まり、銀河は内戦勃発の瀬戸際に立たされていた。脱退したジェダイ・マスタードゥークー伯爵指揮の下、数千の星系が共和国離脱を迫られていた。ナブーの元女王パドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件が起きるとジェダイ・アプレンティスアナキン・スカイウォーカーがその護衛に派遣され、スカイウォーカーのマスター・オビ=ワン・ケノービは黒幕を探りに旅立つ。やがてジェダイ独立運動の中心に入り込み、ついには新たなる戦争、クローン大戦が幕を上げる。

ジェームズ・マクティーグを共同アシスタントとしジョージ・ルーカスがメガホンを取った。本作はアメリカ国内で3億ドルの売上を記録し興行的に成功した。しかしながら前作『ファントム・メナス』の興行収入には及ばなかった。そして『スター・ウォーズ』映画としては初めてその年の最高興行収入映画にならなかった作品である(この年の最高興行収入映画は高い評価を得た『スパイダーマン』である)。『スター・ウォーズ』映画の中ではもっとも興行収入が低い作品でもある。

オープニング・クロール

Episode II
ATTACK OF THE CLONES
There is unrest in the Galactic
Senate. Several thousand solar
systems have declared their
intentions to leave the Republic.

This separatist movement,
under the leadership of the
mysterious Count Dooku, has
made it difficult for the limited
number of Jedi Knights to maintain 
peace and order in the galaxy.

Senator Amidala, the former
Queen of Naboo, is returning
to the Galactic Senate to vote
on the critical issue of creating
an ARMY OF THE REPUBLIC
to assist the overwhelmed
Jedi....


概要

ファントム・メナス』の出来事から10年後、銀河共和国は混乱のさなかにあった。かつてのジェダイ・マスタードゥークー伯爵(別名シス卿ダース・ティラナス)率いる分離主義運動が平和を脅かし、銀河元老院は共和国を守るための常備軍を設置する軍隊創設法案について協議していた。ナブーの元女王パドメ・アミダラ元老院議員は法案反対に投票するためコルサントに戻ったが、銀河にはもはや平和を維持できるほど充分にジェダイはいなかった。

展開

映画撮影は2000年6月26日から9月20日まで続いた。撮影は主にシドニーフォックス・スタジオで行われ、チュニジアスペインセビリアスペイン広場イタリアコモ湖ヴィラ・デル・バルビアネッロカゼルタ宮殿で追加ロケが敢行された。ピックアップ・ショットはイーリング・スタジオで撮影された。

2001年12月、イン・シンクのメンバーがエキストラとして『クローンの攻撃』に出演するという噂が流れた。それから数日感、この話は勢いを増し製作のリック・マッカラムがメンバー3人(ジョーイ・ファトゥーンJr、JC・シャゼイ、クリス・カークパトリック)にジェダイ役やナブー人民役を与えたと報じられた。後日ルーカスフィルムがニュースを認めたが、バンドのファンであるケイティアマンダが父親であるジョージ・ルーカスに頼んで出演させたという噂は否定した。また、ジャスティン・ティンバーレイクは自身とランス・バスは出演しないがカークパトリックの兄弟スティーヴは出演すると認めた。多くのスター・ウォーズ・ファンはこのニュースに否定的であり、かつてスター・ウォーズ・ファンの一部がジャー・ジャー・ビンクスイウォークに反応した時と同じようにこれをスター・ウォーズが「売り切れ」てしまったさらなる証拠と見る向きもあった。

公開

ホーム・ビデオ

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』は2002年11月にDVD化された。この際、ジョージ・ルーカスによって細部に変更が加えられ劇場公開時とは微妙に異なったバージョンが発売された。2011年9月にはブルーレイ版が発売された。

2015年4月7日、ウォルト・ディズニー・スタジオ、20世紀フォックス、ルーカスフィルムは公開済みの『スター・ウォーズ』6作品のデジタル・リリースを共同で発表した。エピソード1~3、5~6のデジタル配信権はルーカスフィルムが有しており、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントは2015年4月10日に『クローンの攻撃』ダウンロード版を公開した。

評価

興行収入

この映画はアメリカ国内で310,676,740ドルを稼ぎ海外では338,721,588ドルを売り上げた。興行的には大ヒットとなったが前作の『ファントム・メナス』の収入には及ばなかった。また、『スター・ウォーズ』映画として初めてその年の最高興行収入映画にランクインすることもなかった。この年の最高興行収入映画は『スパイダーマン』、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』で3作とも高い評価を受けた。

批評家の反応

最初の評価は賛否のふたつに別れたが概してアクション・シーンと特殊効果に関しては高く評価されていた。むしろキャラクター描写やセリフ、特にパドメアナキンの関係といった基本の映画的要素の出来に批判が集まった。この映画のマーケティングはDVD発売までにはストーリーに対する批判を把握し人気のあるヨーダの戦闘シーンを強調した。批評家たちは本作のセリフを「活気がない」「平板」と評価した。それと同様に演技についても低評価を与える批評家もいた。

外部リンク


スター・ウォーズ サーガ
エピソード
I:ファントム・メナス · II:クローンの攻撃 · III:シスの復讐
IV:新たなる希望 · V:帝国の逆襲 · VI:ジェダイの帰還
VII:フォースの覚醒 · VIII:最後のジェダイ · IX:スカイウォーカーの夜明け
アンソロジー・シリーズ
ローグ・ワン · ハン・ソロ
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。