Fandom


スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(Star Wars: Episode II Attack of the Clones)は、2002年に公開されたスター・ウォーズ映画の第5作でプリクエル・トリロジーの2作目である。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に始まり、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』で完結するプリクエル・トリロジーの2作目。ライブ=アクション・シーンのほとんどにデジタル24フレーム・システムを使用した最初のスター・ウォーズ映画でもある。

物語はナブーの戦いの10年後から始まり、銀河は内戦勃発の瀬戸際に立たされていた。脱退したジェダイ・マスタードゥークー伯爵指揮の下、数千の星系が共和国離脱を迫られていた。ナブーの元女王パドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件が起きるとジェダイ・アプレンティスアナキン・スカイウォーカーがその護衛に派遣され、スカイウォーカーのマスター・オビ=ワン・ケノービは黒幕を探りに旅立つ。やがてジェダイ独立運動の中心に入り込み、ついには新たなる戦争、クローン大戦が幕を上げる。

ジェームズ・マクティーグを共同アシスタントとしジョージ・ルーカスがメガホンを取った。本作はアメリカ国内で3億ドルの売上を記録し興行的に成功した。しかしながら前作『ファントム・メナス』の興行収入には及ばなかった。そして『スター・ウォーズ』映画としては初めてその年の最高興行収入映画にならなかった作品である(この年の最高興行収入映画は高い評価を得た『スパイダーマン』である)。『スター・ウォーズ』映画の中ではもっとも興行収入が低い作品でもある。

外部リンク


スター・ウォーズ サーガ
エピソード
I:ファントム・メナス · II:クローンの攻撃 · III:シスの復讐
IV:新たなる希望 · V:帝国の逆襲 · VI:ジェダイの帰還
VII:フォースの覚醒 · VIII:最後のジェダイ · IX:スカイウォーカーの夜明け
アンソロジー・シリーズ
ローグ・ワン · ハン・ソロ
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。