Fandom


この記事はゲームを扱っています。お探しの記事はジャンゴ・フェットかもしれません。
SWBountyHunter cover
スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット
発売の情報
開発

ルーカスアーツ

発売

エレクトロニック・アーツ株式会社

発売日

2003年6月19日

ジャンル

3Dアクション

モード

プレイヤー1人

プラットフォーム

PlayStation 2

設定
タイムライン

32 BBY

「待つのは莫大な賞金。もしくは死だ」
―ゲームの文句[出典]

スター・ウォーズ ジャンゴ・フェットエピソード2/クローンの攻撃へのプロローグとなるテレビゲームであり、ジャンゴ・フェットがどのようにして共和国軍クローン・トルーパーの遺伝子提供者となったのかの経緯が描かれている。「Star Wars: Bounty Hunter」の日本語版。

ドゥークー伯爵がジェダイだった時代に彼が教育したコマリ・ヴォサが、バンド・ゴラというカルト組織のリーダーとなり、やがてシスの脅威へと成長する。ダース・シディアスはドゥークーに彼女を排除するよう命じ、ドゥークーによって雇われた賞金稼ぎのひとり、ジャンゴ・フェットが戦う、という内容。

ドゥークーは同時にクローン軍隊の遺伝子提供者となるのにふさわしい人物も探していた。ドゥークーはコマリ・ヴォサに多額の賞金を賭けることで、ヴォサの排除と遺伝子提供者選出の両方を同時に解決しようと考えた。ドゥークーの試練を生き残ったのは、過去にマンダロリアンだった、因縁の過去をもつフェットとモントロスだった。

登場人物・用語

登場人物 クリーチャー ドロイド 出来事 場所
組織 種族 乗物 テクノロジー その他

出来事

場所

組織

乗物

その他

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。