Fandom


「銀河を救え、ライトセーバーを手に!」
―キャッチコピー[出典]

スター・ウォーズ 反乱者たち』(原題:Star Wars Rebels)は、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間を描く正史のテレビ・アニメ・シリーズである。2014年10月3日、1時間のテレビ映画『スター・ウォーズ 反乱者たち/反乱の口火』がプレミア公開され、10月13日から通常エピソードの放送が始まった。日本ではディズニーXDにて『反乱の口火』が2015年1月24日に公開、2月8日から通常放送が開始し、10月6日から地上波での放送も始まった。全4シーズンが制作され、最終話はアメリカで2018年3月5日、日本で同年6月29日に放送された。『スター・ウォーズ 反乱者たち』は2012年ウォルト・ディズニー・カンパニールーカスフィルムを買収して以来初めてとなる、大規模なスター・ウォーズ・プロジェクトである。

本シリーズは宇宙船ゴースト>で旅する寄せ集めの反乱者たちと、邪悪な銀河帝国との戦いを描いている。<ゴースト>チームのメンバーは、自分にフォースの力が備わっていると知った惑星ロザルの孤児エズラ・ブリッジャーオーダー66を生き延びたジェダイケイナン・ジャラストワイレックパイロットで歴戦の反乱者であるヘラ・シンドゥーラマンダロリアンの爆発物専門家サビーヌ・レンラサットの戦士ガラゼブ・“ゼブ”・オレリオス、そして“チョッパー”のニックネームで知られるつむじ曲がりのアストロメク・ドロイドC1-10Pから成る。一行はやがて反乱同盟の設立に関わることになる。

2013年5月20日、ルーカスフィルムはテレビ・アニメ・シリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』を終了して新しいテレビ・シリーズを始めると発表し、『スター・ウォーズ 反乱者たち』のアナウンスを行った。このシリーズはデイヴ・フィローニサイモン・キンバーグキャリー・ベックが制作し、テイラー・グレイフレディ・プリンズ・ジュニアヴァネッサ・マーシャルタイア・サーカースティーヴ・ブラムデヴィッド・オイェロウォジェームズ・アール・ジョーンズアシュリー・エクスタインディー・ブラッドリー・ベイカーフィリップ・アンソニー=ロドリゲスサラ・ミシェル・ゲラージェイソン・アイザックスらが出演した。

基本設定

概要

『スター・ウォーズ 反乱者たち』は映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の5前、銀河帝国設立されてから14年後からスタートする。おおまかな設定は次のように描写されている:“銀河系の暗黒時代、邪悪なる銀河帝国はあらゆる星々でその暴政をふるった。本シリーズ開始時点で、帝国はとある辺境の惑星を占領しており、そこに住む人々を鉄の拳で抑えつけている。しかし帝国のストームトルーパーTIEファイターの無限の軍勢に立ち向かう勇気を備えた、選ばれし一握りの人々がいる。宇宙船ゴースト>の聡明にして多彩な乗組員たちだ。このちぐはぐなメンバーは互いに力を合わせて新たなるヴィランの脅威に立ち向かい、スリルあふれる冒険を乗り越え、英雄となっていく。”

公式による作品紹介

遠い昔、はるかかなたの銀河系で…。闇の帝国が、すべてを支配していた時代。とある星のストリートで暮らす少年エズラは、帝国に立ちむかう5人の反乱者たちと出会い、銀河の自由を取りもどす冒険へと飛び立つ。宇宙船ゴーストで数々の星をめぐり、ライトセーバーを手に戦うエズラと仲間たちは、帝国から銀河を救えるのか![2]

展開

構想

『スター・ウォーズ 反乱者たち』はデイヴ・フィローニサイモン・キンバーグキャリー・ベックらによって作り出された。ベックが発案したコンセプトは、「間違いを正すために駆け回る特攻野郎Aチームのようなグループ」というものだった。フィローニはここから『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』製作時の最初期のコンセプトに原点回帰した。彼は『The Art of Star Wars: The Clone Wars』でそのコンセプトについて次のように語っている:「最初の漠然としたアイデアは少人数のキャラクター(ジェダイ・マスターパダワン密輸業者とそのガールフレンド、Lunkerという名のグンガンの猛者)を描くことだった。彼らを<ミレニアム・ファルコン>スタイルの密輸船に乗せ、闇市での取引や戦時諜報活動など、銀河規模の戦争の裏側で起きていた物語をやってみたいと思っていた」

『反乱者たち』をスター・ウォーズ・タイムラインのどこに設定するかが話し合われ、反乱同盟の時代をメインに据えることが決まった。このため、シリーズは銀河帝国が猛威を振るった『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間に位置づけられたが、重複を避けるため『新たなる希望』に近すぎない時期の設定となっている。銀河中を舞台にした『クローン・ウォーズ』とは異なり『反乱者たち』では小さなグループに所属するキャラクターの視点から反乱運動が描かれることになった。フィローニによると、キンバーグはこれをアメリカ独立革命をドラマで描くようなものだと例え、「どこかの農場に閉じこもった5人の男たちが、大規模な政治運動のことも知らずに田舎でイギリス軍と戦っているようなものだ」と表現した。彼はまた、旧3部作帝国元老院の解散といった政治的事件が実際に描かれず、言及だけで済まされていることとの共通点を指摘している。

制作チームは『クローン・ウォーズ』と本シリーズの差別化を図るため、オリジナル・トリロジーのコンセプト・アートを手がけたことで知られるラルフ・マクウォーリーのデザインをビジュアル面のベースにした。また『反乱者たち』はジョージ・ルーカスによる『スター・ウォーズ:アンダーワールド』のアイデアから影響を受けており、作中のアクションは『インディ・ジョーンズ』シリーズの影響が強い。制作初期段階では、ディズニーはルーカスフィルムが作ろうとしていたものよりもコメディ色の強い作品を求めていたため、キャスリーン・ケネディと『反乱者たち』制作チームが彼らの説得にあたった。またフィローニがデス・スター設計図をシリーズに絡めようと考えていた時期もあったが、『ローグ・ワン』の制作が開始したため廃案となった。彼はのちにデス・スターオーソン・クレニックを登場させることも考えたが、<ゴースト>のクルーに直接関係することに焦点を当てるのがベストだと考え直した。

制作

Rebels-concept1 lg

ラルフ・マクウォーリーにインスパイアされた、TIEファイターに追われる<ゴースト>のコンセプトアート

『クローン・ウォーズ』の制作にも携わったルーカスフィルムのベテラン彫刻家ダレン・マーシャルは、2013年6月に会社を離れる以前に『反乱者たち』の主要キャラクターの造形に携わった。2013年12月時点で、制作チームはシーズン1の設計を終わらせ、最初の台本のアニメーティングに取り掛かっていた。2014年1月にはシーズン1の台本が中程までできあがり、最初の5話分の録音が完了、3話分は絵コンテの段階で、さらに2話分のアニメーション化が進行していた。グレッグ・ワイズマンは2013年5月に製作総指揮として本プロジェクトに参加した。

2014年1月17日、アニメーション・スーパーバイザーのキース・ケロッグによって、制作クルーがシリーズ最初のエピソードを仕上げたことが発表された。本シリーズでラルフ・マクウォーリーのアート・スタイルを表現するために、ルーカスフィルムはAdobe Photoshopの特別ツールを開発した。キャラクターのガラゼブ・オレリオスは、マクウォーリーが手がけたウーキーチューバッカの初期コンセプトがベースになっている。また本シリーズのビジュアルは、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディのお気に入りである宮崎駿作品からもインスピレーションを得ている。フィローニは3Dアニメーションで二次元の表情を作る参考にするため、アニメーション・クルーにディズニー映画『塔の上のラプンツェル』を鑑賞するよう指示した。2014年3月当時、シーズン1全話の計画が完了し、グレッグ・ワイズマンは本シリーズが大きく見て三幕構成になるとコメントした。ワイズマンは、シーズン1はシリーズ全体にとっての第一幕の役割を果たし、第二・三幕は複数のシーズンをかけて描かれることになるだろうと語った。

『反乱者たち』の制作は、デイヴ・フィローニとサイモン・キンバーグ、グレッグ・ワイズマンという3人の製作総指揮による監修のもと進められた。フィローニ以外にも、ライン・プロデューサーのアシーナ・イヴェット・ポルティーヨやアート・ディレクターのキリアン・プランケット、CG効果監督のジョエル・アロン、アニメーション・スーパーバイザーのキース・ケロッグ、エピソード監督のスチュワード・リーらは『クローン・ウォーズ』の制作メンバーでもある。『クローン・ウォーズ』以来長年にわたってフィローニのエピソード監督を務めるスチュワード・リーは、ルーカスアーツのベテランにして兄弟のスティーヴン・G・リーと一緒にプロジェクトに参加した。『クローン・ウォーズ』の作曲家ケヴィン・カイナーも『反乱者たち』で続投している。その他の『クローン・ウォーズ』からの続投組として、コンセプト・アート・チームのエイミー・ベス・クリステンソンアンドレ・カークパット・プレスリークリス・グレンたち、マネージャーのリズ・カミングス、開発チームのポール・ジネスらがいる。ルーカスフィルム ストーリー・グループパブロ・ヒダルゴは設定関連の検証者としてチームに参加した。制作クルーは、全体的な美的感覚をオリジナル・トリロジーに寄せることを目標とした。そのためジョエル・アロンは“ざらついた”ビジュアルの表現に取り組み、マシュー・ウッドはサウンド・トラックにオリジナル・トリロジーの音響を多数盛り込んだ。またライトセーバーの表現もオリジナル・トリロジーを模倣している。

公開

Rebelspropaganda

シリーズの宣伝用に制作された帝国のプロパガンダ・ポスター

『スター・ウォーズ 反乱者たち』の最初の告知は2013年3月11日に行われた。この時点では『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』に代わる新テレビ・シリーズというアナウンスのみで、タイトルは不明だった。同年3月20日、タイトルとともに、2014年秋に放送が開始されることが発表された。『反乱者たち』の 最初のティーザー・トレーラー は2013年10月7日にスター・ウォーズの公式Youtubeチャンネルで公開された。シリーズの主要キャラクターは、2014年1月ニュルンベルク国際玩具見本市で「LEGOスター・ウォーズ 反乱者たち」のセットが展示されたことにより初めて判明した。展示された<ゴースト>とアタック・シャトル<ファントム>のセットには、エズラ・ブリッジャーとガラゼブ・オレリオス、ヘラ・シンドゥーラ、ケイナン・ジャラス(ライトセーバーを持った真っ白な素体)のミニフィギュアが含まれていた。この時点ではゼブのラストネームが「Orretios」と表記されていたが、間もなくニューヨークで開催された玩具見本市では修正され、ケイナンの完成版のフィギュアも展示された。

2014年2月4日、ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ 反乱者たち』のプロモーションの一環としてエイミー・ベス・クリステンソンが手がけた6点のオリジナル・アートワークを、6つのウェブサイト(ET Online, TheForce.net, IGN, Mashable, Omelete, Empire Online)に限定で配布した。帝国のプロパガンダ・ポスターを模したこのアートワークは、郵便による宣伝キャンペーンにも用いられ、本アートの限定版カードが2月5日に世界中の2,500人に送付された。郵便は黒い封筒に入っており、送り主はコルサントニュー・オーダー保護委員会で、同封された手紙には、帝国のロザル占領を支持するため本ポスターを高らかに掲げるよう市民に促すメッセージが記述されていた。また6枚のカードを裏返して並べると、『反乱者たち』の不死鳥ロゴができあがるようになっていた。

1月28日に公開されたチョッパーの動画に始まり、<ゴースト>のクルー・メンバーを1人ずつ紹介する動画が順次公開された。2月12日にケイナン、2月14日にエズラの動画が公開され、2月17日には『Spark』と『Ignite』と題された『反乱者たち』の新しいティーザーがリリースされた。その後2月18日19日20日に続けてゼブ、サビーヌ、ヘラの紹介動画が公開された。これらの動画はTV GuideやIGN、Entertainment Weeklyといった独立したニュース・ソースから最初にリリースされた後、スター・ウォーズの公式チャンネルに投稿された。4月16日、WonderConイベントと連動し、ヘラ・シンドゥーラを特集するクリップがスター・ウォーズYouTubeチャンネルに投稿された。

RebelsPoster

サンディエゴ・コミコン2014に先立って公開された映画風ポスター

2014年5月4日、『反乱者たち』の最初の完全版トレーラーが公開された。5月2日に「グッド・モーニング・アメリカ」でトレーラーの30秒分のプレビューが既に流されており、5月4日に各種ディズニー・ネットワーク、StarWars.comやDisney.comなどのオンラインで完全版がリリースされた。2014年7月9日、ディズニー傘下のスポーツ・チャンネルESPNの「ウェンズデイ・ナイト・ベースボール」で放送されたセントルイス・カージナルスピッツバーグ・パイレーツ戦でスター・ウォーズが特集され、『スター・ウォーズ 反乱者たち』の要素も登場した。2014年7月24日、ルーカスフィルムはサンディエゴ・コミコン2014に出展した。「スター・ウォーズ 反乱者たちのヒーロー」と題したパネル・イベントが開催され、デイヴ・フィローニとサイモン・キンバーグ、シリーズの主要声優陣が登壇した。参加者たちには、帝国のプロパガンダ放送を流す Tumblr のウェブサイト「HoloNetNews.com」の宣伝用に「ホロネット登録カード」が配られた。この頃、2本の完全版トレーラーや、帝国保安局エージェントカラス尋問官の紹介動画を含め、さらに数点の宣伝動画がリリースされた。8月には7分のプレビューと4分のプレビュー、テレビ・スポットが公開された。8月11日からは、シリーズの前日譚となる4本の短編ムービーがディズニーXDで一週間おきに順次公開された。同月、トイザらスのウェブサイトで「スター・ウォーズ 反乱者たちの秘密」と呼ばれる宣伝動画のシリーズが開始し、10月まで続いた。

2014年10月、ディズニーは『スター・ウォーズ 反乱者たち』シーズン2の告知を行った。翌日、シリーズ全体を通しての第1作であるTV映画『スター・ウォーズ 反乱者たち/反乱の口火』がディズニー・チャンネルで初公開された。10月13日、通常エピソードの放送開始に先立ち、最後のテレビ・スポット2本がリリースされた。

設定上の位置づけ

ルーカスフィルムの設定スタッフであるパブロ・ヒダルゴは、『スター・ウォーズ 反乱者たち』の時系列は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の約14年後、すなわち『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の約5年前だとコメントした。公式サイトStarWars.comに掲載されたキャラクターのチョッパーを特集するプレス・リリース記事では、シリーズの時系列が『新たなる希望』の4年前と記述されていたが、すぐにヒダルゴがTwitter上で当初のコメント通り5年前だと訂正した。スター・ウォーズ インサイダー誌第148号ではStarWars.comのチョッパーの記事をもとに、時系列は4 BBYと紹介された。

デイヴ・フィローニは当初、ゼブ・オレリオスはラルフ・マクウォーリーが手がけたチューバッカのコンセプト・アートを基にした新しい種族だとコメントしていた。しかしのちに、同じコンセプト・アートをベースにした拡張世界の既存の種族、ラサットということになった。スター・ウォーズ インサイダー誌148号でオレリオスがラサットと紹介されたが、ラストネームが「Orrelious」と誤表記された。149号で先号の誤表記に関する編集部の謝罪が掲載されたが、本号でも誤って「Orrilios」と表記された。

ジョン・ジャクソン・ミラーの小説『新たなる夜明け』は『スター・ウォーズ 反乱者たち』の前日譚となっている。また本作はルーカスフィルム ストーリー・グループの監修のもとリリースされた最初の物語だとされている。

主な登場人物

KananCrew

<ゴースト>の乗組員たち

『スター・ウォーズ 反乱者たち』は宇宙船<ゴースト>の乗組員である6人のメイン・キャラクターの活躍に焦点を当てている。<ゴースト>チームはストリート・キッドのエズラ・ブリッジャー、元ジェダイケイナン・ジャラストワイレックの女船長ヘラ・シンドゥーラ、10代のマンダロリアンで爆発物専門家のサビーヌ・レンラサットの怪力戦士ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオスアストロメク・ドロイドC1-10P(チョッパー)によって構成される。また、このシリーズには尋問官をはじめとする複数のヴィラン(悪役)が登場する。

エズラ・ブリッジャー

EzraBridger

エズラ・ブリッジャー

エズラ・ブリッジャーはフォース感応能力を持つ15歳の人間男性で、アウター・リムの惑星ロザルで暮らすストリート・キッドである。両親のミラエフライム・ブリッジャーは銀河帝国の暴政を批判する放送を行ったため当局に連行され、そのまま行方知れずとなっていた。エズラは独りぼっちになってから8年ものあいだ、詐欺や盗みを働きながら自力で生活していた。ある日、エズラは<ゴースト>という名の貨物船に乗る反乱者たちと仲間になり、エネルギー・スリングショットスタン・ブラスターを内蔵したライトセーバーを手に、帝国との戦いに加わることになる。彼はケイナン・ジャラスのもとでジェダイの訓練を積み、<ゴースト>のクルーたちと親交を深めていく。

ケイナン・ジャラス

KananJarrus

ケイナン・ジャラス

Blue Glass Arrow 詳細はケイナン・ジャラスを参照

ケイナン・ジャラスは人間の男性で、オーダー66を生きのびたジェダイ・パダワンである。銀河帝国設立以前はジェダイ・マスターデパ・ビラバのもとで修行を積んでいたが、帝国によるジェダイの粛清で師匠や仲間たちを失った後は、ジェダイであることを隠して生活を送った。<ゴースト>の仲間たちとともに行動するようになった後も、ケイナンは当初ジェダイの武器であるライトセーバーを分解して隠し、DL-18ブラスター・ピストルで帝国軍と戦っていた。ヘラ・シンドゥーラが<ゴースト>のパイロットであるが、ケイナンは事実上のリーダーとしてグループを率いている。ケイナンはロザルで出会ったエズラを弟子に取り、彼にフォースの使い方を指南する。

ヘラ・シンドゥーラ

HeraSyndulla

ヘラ・シンドゥーラ

Blue Glass Arrow 詳細はヘラ・シンドゥーラを参照

ヘラ・シンドゥーラはトワイレックの女性で、<ゴースト>のパイロット兼所有者である。自立した強い心の持ち主であるシンドゥーラは、<ゴースト>乗組員の中でも中心的存在で、全員をまとめそれぞれの長所を引き出している。彼女は才能あふれるパイロットであるが、帝国と戦う理由について、仲間たちにはまだ明かしていないことがある。フォース感応者ではないがその操縦および砲手としての腕前はフォースの使い手と変わらないほどで、彼女は最後まで戦い抜く覚悟ができている。ヘラはエズラ・ブリッジャーとサビーヌ・レンの母親がわりであり、ゼブ・オレリオスが短気を抑えるのに一役買っている。また、彼女はドロイドのバイナリー言語を理解することができる。

サビーヌ・レン

SabineWren

サビーヌ・レン

Blue Glass Arrow 詳細はサビーヌ・レンを参照

サビーヌ・レンは16歳のマンダロリアンの女性グラフィティ・アーティストである。マンダロア帝国アカデミーを脱走した元賞金稼ぎで、<ゴースト>では武器の専門家として知識を活用している。彼女はアーマーや髪、そして<ゴースト>をカラフルに塗装し、船内を自身のグラフィティでいっぱいにした。

ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオス

ZebOrrelios

“ゼブ”・オレリオス

ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオスはラサットの男性で、故郷で起きた虐殺に抗議して帝国に立ち向かうラサン儀仗兵である。振る舞いは粗暴だが、<ゴースト>の肉体派として帝国に対する反乱への忠誠は忘れていない。訓練を受けた優秀な戦士であるゼブはその恐ろしい容姿に反して高い知能と技術を有している。オレリオスは嫌々ながらもエズラ・ブリッジャーと仲間になったが、ふたりともチョッパーを嫌っており、このドロイドの方でも同じ気持ちであった。オレリオスの一番の趣味はストームトルーパー(彼は「バケツ頭」と呼ぶ)を打ちのめすことであり、戦闘では軽々とした動きを見せる。

チョッパー

Chopper

チョッパー

Blue Glass Arrow 詳細はC1-10Pを参照

C1-10Pは“チョッパー”の愛称で知られる<ゴースト>のアストロメク・ドロイドである。スペア・パーツから作られたチョッパーは生命体の影響を受け、短気で気難しく頑固で無関心である。それでもチョッパーは危険から味方を救出する状況では欠かせない存在としてたびたび活躍している。彼とゼブ・オレリオスはお互いに嫌いあっている。ヘラ・シンドゥーラがチョッパーの所有者である。

エピソード

シーズン エピソード 初放送 最終話
シーズン1
  • 短編4本
  • テレビ映画1作
  • エピソード13話
2015年3月2日
シーズン2
  • テレビ映画1作
  • エピソード20話
2016年3月30日
シーズン3
  • テレビ映画1作
  • エピソード20話
  • 2016年9月24日 (TV映画)
  • 2016年10月1日 (通常話)
2017年3月25日
シーズン4
  • テレビ映画1作
  • エピソード14話
2018年3月5日

ロゴ

脚注

外部リンク

スター・ウォーズ 反乱者たち
短篇:1 · 2 · 3 · 4
シーズン1
1-2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15
シーズン2
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン3
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12–13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン4
1–2 · 3–4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15-16
帝国の奉仕者
銀河系の端 · 反乱者の潜入 · 帝国の正義 · 秘密のアカデミー
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。