Fandom


Executor and escorts

インペリアル級スター・デストロイヤーと並んだエグゼクター級スター・ドレッドノート

スター・ドレッドノート(Star Dreadnought)はドレッドノートの一種で、軍艦の一分類。“スーパー・スター・デストロイヤー”とも称される銀河帝国エグゼクター級スター・ドレッドノートや、ファースト・オーダーが使用したマンデイターIV級シージ・ドレッドノートおよびメガ級スター・ドレッドノートなどが知られる。一般的にスター・ドレッドノートはスター・デストロイヤーよりも巨大で、強力な火器を搭載しており、しばしば艦隊旗艦としての役割を果たした。

種類

エグゼクター級スター・ドレッドノート

SW Executor 01

エグゼクター級艦

クワット・ドライブ・ヤード社によって製造されたエグゼクター級スター・デストロイヤーは、全長19,000メートルを誇る銀河帝国の軍艦であり[1]、「スーパー級スター・デストロイヤー」という別名を持つ他[2]、「スーパー・スター・デストロイヤー」と呼称されることもあった。[3] エグゼクター級艦は5,000門を超えるターボレーザーイオン砲で武装しており[1]帝国宇宙軍において最大かつ最強の船だった。[4] 銀河皇帝シーヴ・パルパティーンの旗艦である<エクリプス>や、シス卿ダース・ヴェイダーの旗艦である<エグゼクター>などが知られる。[1]

マンデイターIV級シージ・ドレッドノート

Mandator IV-class Siege Dreadnought

マンデイターIV級艦

「ファースト・オーダー・ドレッドノート」という通称で知られるマンデイターIV級シージ・ドレッドノートは、クワット=エントラーラ・ドライブ・ヤード社によって製造された。全長7,669.72メートルを誇るファースト・オーダーの軍艦であり、強力な軌道機関砲(オービタル・オートキャノン)を2基備えていた。[5] 本艦種はジストン級スター・デストロイヤーの実験プロジェクトとして開発された。[6] 34 ABY、マンデイターIV級艦<フルミナトリックス>がレジスタンス基地に対する攻撃作戦に使用されたが、軌道爆撃で基地を破壊した後にレジスタンス・ボマーによって沈められた。[7]

メガ級スター・ドレッドノート

Supremacy

メガ級艦

「メガ・スター・デストロイヤー」とも呼ばれたメガ級スター・ドレッドノートは横幅60,542.68メートルの超巨大軍艦で、マンデイターIV級艦と同じくクワット=エントラーラ・エンジニアリング社によって製造された。唯一のメガ級艦である<スプレマシー>はファースト・オーダーの最高指導者スノークの移動拠点として使われた。また<スプレマシー>には新技術であるハイパースペース追跡装置が搭載されていた。[5] 34 ABY、<スプレマシー>はレジスタンスの艦隊追撃して多大なダメージを与えたが、<ラダス>の特攻で真っ二つに破壊された。[7]

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。