Fandom


ステイヴン(Staven)は人間男性[2]ソウ・ゲレラ率いる過激反乱分子パルチザンのメンバーである。ジン・アーソはパルチザンに所属していた頃にステイヴンから爆弾を解除する方法を数時間かけて習った。またジンに発酵させたバンサの味を初めて教え、卑猥な冗談を言い合う大人たちの間に初めて座らせたのもステイヴンだった。[3] ソウ・ゲレラの死後、ステイヴンはドリーマーズと呼ばれる過激分子に加わる。“助言者”の情報に従って何度かテロ攻撃を行った後、ステイヴンを始めとするドリーマーズのメンバーは銀河帝国インフェルノ分隊によって抹殺された。[1]

制作の舞台裏

ステイヴンは映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の関連小説で登場・言及されるキャラクターである。『ローグ・ワン』の小説版では0 BBYの時点で既に死んだとされており、ジンが彼との思い出を振り返る場面がある。しかしそれより後の事件を描く『バトルフロント II:インフェルノ分隊』で生きて登場しており、『ローグ・ワン』小説版の内容と矛盾する。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。