Fandom


ストリームドリンカー(Streamdrinker)は銀河共和国末期に銀河元老院ティナの代表を務めた元老院議員である。クローン戦争期、ストリームドリンカーは2,000人の議員のメンバーとしてシーヴ・パルパティーン最高議長の行政権拡大に反対の立場をとった。ニュー・オーダー宣言によって銀河帝国が誕生した次の日、ストリームドリンカーを含む63名の議員が陰謀罪および反逆罪帝国情報部によって一斉逮捕された。[1]

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。