「ダブルで。スパイス軽めで、泡はたっぷりね」
―スパイス・ティーを注文するレディ[出典]

スパイス・ティー(Spice tea)はの一種である。好みによってスパイスや泡の量を調整したり、ブルー・ミルクのパウダーを入れて提供されることがあった。[2]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。