Fandom


スピット=クローラー(Spit-crawler)はハッパボアの鼻に寄生することで知られる寄生生物である。大小の亜種が存在した。ギャラクティ=ストック社はスピット=クローラーをはじめとするハッパボアの寄生虫を退治するため、トレスティビネクスオサイクリン5ガーマシランク・オイルグリール=ルート酸を含有するハッピー=ボア医療用除虫剤を製造した。[1]

制作の舞台裏

スピット=クローラーは2015年に発売された『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』関連のリファレンス・ブック、『スター・ウォーズ フォースの覚醒 レイのサバイバル日記』(ジェイソン・フライ著)で初めて言及された。

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。