Fandom


DJ

スライサーのDJ

スライサー(Slicer)とは、“スライス”(Slicing)と呼ばれる技術を使ってコンピューター・システムやプログラムに侵入したり、暗号を突破することに長けた人物を指す呼び名、職業である。有能なスライサーは政府や軍隊のセキュリティ・システムを破り、保護された情報を入手することができた。

歴史

ジオノーシスの戦いの9ヶ月後、分離主義勢力の指導者ドゥークー伯爵に仕える科学者たちが宇宙航路に新型のハイパーウェーブ・トランシーバー・ノードを設置し、銀河共和国ホロネットをスライスすることに成功した。ホロネットへのアクセス権を得たドゥークーは、分離主義勢力のプロパガンダ放送であるシャドウフィードを拡散した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。