FANDOM


「あれ以来、それが俺の流儀になった。敵が一番大事にしているものを奪うのがな。金だけじゃない。クレジットなんかカスみたいなものだ。もっと大切なもの―そいつの体の一部をもらうのさ」
―スラット・ニュアト[出典]

スラット・ニュアト(Surat Nuat)は惑星サラスト出身の男性サラスタンで、帝国時代末期に惑星アキヴァで活動した犯罪王ギャングスターの親玉で、武器の売買を手掛けていた。ニュアトは首都ミラの“アルカサル”を根城にしていたが、アキヴァが新共和国に加盟した際に惑星から撤退した。[1]

個性と特徴

サラスタンの男性、スラット・ニュアトはアキヴァのギャングたちを牛耳る犯罪王だった。彼は弟ルーターとの戦いで負傷し、傷を負った片方の目が乳白色になっていた。ニュアトは無慈悲でかつ冷徹な男で、自分の実の両親をその手にかけ、弟をカーボン冷凍した。弟に勝利して以来、ニュアトは体の一部を奪うという残忍な手法で敵を痛めつけるのを好むようになった。ニュアトは自分を軽視した者は子供であろうと容赦せず、当時15歳のテミン・ウェクスリーを捕まえ、を切り取ろうとした。[1]

登場エピソード

脚注