Fandom


スローンのオフィス(Thrawn's Office)は銀河帝国スローン大提督が事務や芸術鑑賞に使っていた個人的な部屋である。スローンは旗艦インペリアル級スター・デストロイヤーキメラ>以外にも、惑星ロザル帝国軍兵器工場施設にオフィスを持っていた。スローンは帝国に対する反乱運動を早急に撲滅すべく、しばしばオフィス内で手がかりとなる工芸品を入念に調査した。

コレクション

ロザルにあるスローンのオフィスにはバードッタンの像、古代ロザルの象形文字のホログラムシンドゥーラ氏族カリコリケイナン・ジャラス惑星マラコア任務で使ったジェダイ・テンプル・ガードのマスク、古代聖戦時代のマンダロリアン芸術のホログラム資料といった芸術品・工芸品が飾られていた。[4] また他にもヘラ・シンドゥーラの家族の肖像画や、エズラ・ブリッジャー帝国軍士官候補生に扮していた時の記録といった反乱者の資料も並べられていた。[3] <キメラ>のオフィスには聖杯、オベリスク、宝石のスタンド、アベドネドの頭像、クローン・コマンダーグリーのものと同じ模様のフェイズIIクローン・トルーパー・アーマー・ヘルメットなどが飾られていた。[5]

登場エピソード

Thrawn's Collection AIM

スローンのコレクションのコンセプト・アート(内通者)

Thrawn's Collection TIE

スローンのコレクションのコンセプト・アート(追求の目)

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。