Wookieepedia
Advertisement

セオスラ・スウィスプ(Seossra Thwisp)はカフェックス女性で、レジスタンスに仕えたスパイである。カフェクスディス出身の彼女は、境界沿いの領域でファースト・オーダーの監視を続けていたが、ホズニアン事変の発生によって全面戦争が始まると本部への招集を受け、情報分析官として働き始めた。

35 ABYエクセゴルの戦いが発生した際、スウィスプは再び実地での活動に戻るチャンスを掴んだ。レジスタンスがファイナル・オーダーシス・エターナル軍勢を破った後、スウィスプは衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に戻り、仲間たちとともに勝利を祝った。

経歴

カフェックス女性、セオスラ・スウィスプはカフェクスディスに生まれ、レジスタンスのためにスパイとして働いた。冷戦の時代、彼女は境界沿いの領域でファースト・オーダーの活動に目を光らせる任務に就いていた。しかし34 ABYホズニアン事変が発生し、レジスタンスとファースト・オーダーのあいだに全面戦争が始まると、スウィスプはスパイ任務から呼び戻され、ファースト・オーダーの活動に関する詳しい知識を活かして情報分析官として働くことになった。[1]

35 ABY当時、スウィスプは他の支援要員たちとともに、ジャングル衛星エイジャン・クロスに設けられたレジスタンス基地に配属されていた。[1] レジスタンスのリーダーであるレイア・オーガナ将軍んだ後、ポー・ダメロン将軍が惑星エクセゴルを拠点とするファイナル・オーダーおよびシス・エターナル軍勢に対する攻撃作戦を説明した際、スウィスプもこの会合に参加した。[2] 再び実際の戦場に戻るチャンスを掴んだ彼女は、仲間たちとともにエクセゴルの戦いに参加した。[1] レジスタンスがこの戦いに勝利した後、スウィスプはエイジャン・クロスに戻って祝勝会に参加した。祝勝会のさなか、ウーキーチューバッカ海賊マズ・カナタと再会した時、彼女は人間の仲間と会話していた。[2]

人物

セオスラ・スウィスプはい肌と髪を持つカフェックスであり、は黒色だった。[1]

装備

スウィスプは迷彩模様のパーカーと茶色のベルトを着用し、古いDH-17ブラスター・ライフルで武装していた。[1]

制作の舞台裏

セオスラ・スウィスプは2019年公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] またキャラクター名は設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて判明した。[1]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement