Wookieepedia
Wookieepedia

セキュリティ用改造型ドロイデカ

「保安ドロイドを起動しろ。ガサ入れだ!」
帝国軍の襲撃を受けた海賊[出典]

セキュリティ・ドロイド保安ドロイド(Security droid)はボディガードや警備のために使用されるドロイドの総称である。アラキッド・インダストリーズ社KXシリーズ・セキュリティ・ドロイドや、ホロワン研究所IG-RM護衛及び執行ドロイドなどが知られる。

歴史

KXシリーズ・セキュリティ・ドロイド

トレード・フェデレーション独立星系連合が使用したセキュリティ・バトル・ドロイドも、セキュリティ・ドロイドと呼称されることがあった。[1][2] またテクノ・ユニオンが開発したD1シリーズ航空バトル・ドロイドは、惑星スカコ・マイナーの研究施設を守るセキュリティ・ドロイドとして使用された。[3]

クローン戦争終結後、銀河帝国元老院バトル・ドロイドの製造を禁止した。そのためアラキッド・インダストリーズ社KXシリーズを“セキュリティ・ドロイド”と銘打つことで法の抜け穴をかいくぐった。KXシリーズのドロイドには、知覚生物を傷つけることに対する規制がプログラムされていなかった。[4]

ホロワン研究所が製造したIG-RM護衛及び執行ドロイドはセキュリティ・ドロイドとして使用された。[5] マイニング・ギルドはこのドロイドをオア・クローラーの警備に使用した。しかしこのドロイドは低質な音声受容器しか備えておらず、後ろからの攻撃に脆弱だった。[6]

帝国時代考古学者チェリ・ローナ・アフラクローン戦争期のドロイデカをセキュリティ・ドロイドに改造して再起動し、海賊グループに提供していた。0 ABYシス卿ダース・ヴェイダー海賊討伐任務でこの改造セキュリティ・ドロイドと遭遇し、その製作者であるドクター・アフラの捜索を開始した。[7]

主な機種

参考資料

脚注