Fandom


セルラーク・エルオス(Selrahc Eluos)は銀河共和国時代末期のジェダイである。クローン戦争終結した際、大勢のジェダイがシス卿の陰謀で命を落としたが、エルオスはオーダー66を生きのびた。銀河帝国はエルオスが生きていることを把握しており、尋問官コンピューターには、コールマン・カジヨーダオビ=ワン・ケノービオポー・ランシセスカ=ムーン・コリといった他のジェダイとともに、エルオスの名が生存者リストに記載されていた。シス卿ダース・ヴェイダーは、元ジェダイ・マスターイース・コス粛清に成功した後、パウアン大尋問官とともにこのリストを確認した。[1]

制作の舞台裏

Jedi Survivors List

ジェダイの生存者のリスト

セルラーク・エルオスの名前は2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 ベイダーの城』で初めて言及された。作中に登場するジェダイの生存者リストに、オーラベッシュのアルファベットで名前が記載されている。キャラクター名は、シリーズの脚本家チャールズ・ソウル(Charles Soule)の名前の綴りを逆にしたもの。同じリストに記載されているカ=ムーン・コリも、作画担当のアーティスト、ジュゼッペ・カムンコリにちなんで名付けられている。ルーカスフィルム ストーリー・グループのスタッフであるマット・マーティンは、エルオスとコリは単なるイースター・エッグ(小ネタ)ではなく、正式なキャラクターであると コメント している。

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。