Fandom


「うぶなセレアンのとんがり頭には心臓がひとつ余分にあるのに、脳みそはひとつ足りないようだな、とわたしが言ったんです」
―セレアンのキディ・アレリを侮辱するロクマルカ[出典]

セレアン(Cerean)は惑星セレアに起源を持つヒューマノイド知覚種族である。セレアンの大きな頭部には2つのが収まっていた。銀河共和国の衰退期にジェダイ最高評議会の評議員を務めたジェダイ・マスターキ=アディ=ムンディ男性のセレアンだった。

生態と特徴

Kidi Aleri in color

セレアンの女性、キディ・アレリ

ヒューマノイド型の知覚種族、セレアンは円すい形に伸びた大きな頭蓋を持っていたため、容易に他の種族と見分けることができた。[10] 彼らは哺乳類[2]、極めて複雑な構造の2つのを持っていた。優れた思考能力を持つと信じられていたセレアンは、2つの脳のおかげで多くの物事を一度に考えることができ、情報を素早く分類したり、同じ議題のふたつの側面を同時に考慮することが可能だった。またセレアンには心臓もふたつあり、ふたつ目は脳に追加の血液酸素を供給する役目を果たしていた。[10]

セレアンの肌は薄いピンク色で、髪のは白や[1] 茶色[3]、ブロンドなどがあり[4]、後頭部の一部だけに生やす者もいれば[1]、頭全体に生やす者もいた。[4]

歴史

セレアンはミッド・リム惑星セレアに起源を持つ。彼らの母星はテクノロジーに毒された部分がほとんどなく、自然が美しい惑星だった。[5]

銀河系におけるセレアン

銀河共和国時代の末期、セレアンのジェダイ・マスターキ=アディ=ムンディジェダイ最高評議会の評議員を務めていた。キ=アディは長年にわたってジェダイ・オーダーに仕え、クローン戦争ではジェダイ将軍として第二次ジオノーシスの戦い等に参加した。彼はギャラクティック・マリーンズクローン・トルーパーを指揮して共和国のために多くの勝利を飾り、アウター・リム包囲作戦ではマイギートー派遣された。しかしシーヴ・パルパティーン最高議長によってオーダー66が発令された時、彼は信頼していたクローン・コマンダーCC-1138(バカーラ)たちによって殺害された。[11]

クローン戦争期、セレアンのオ=メアイニシエイトとしてジェダイ・オーダーに仕えていた。戦争中、彼はガーナック率いるトランドーシャン狩猟ギルドに捕まり、トランドーシャ衛星ワスカーへ連れて行かれ、狩猟ゲームの獲物にされた。[3] しかしオ=メアは他のイニシエイトやウーキーたちと力を合わせて狩猟ギルドを倒し、無事にコルサントジェダイ・テンプルへ帰還した。[12]

銀河内戦期、セレアンのスー=タスはとある組織の代表として借金の取り立てを行っていた。しかしスー=タスは組織に借金をしたドクターチェリ・ローナ・アフラを脅迫した際に、アフラと行動をともにするアサシン・ドロイド0-0-0からニューロトキシンを注射され、命を落とした。[9]

セレアンの通信スペシャリスト、キディ・アレリは銀河内戦期に反乱同盟に仕えた。エンドアの戦いの直前、アレリはプリンセスレイア・オーガナ率いるチームの一員としてイエロー・ムーン作戦に参加し、コルヴァ宙域銀河帝国の注意を引く陽動を行った。[4]

登場エピソード

参考資料

OmerRun-SWE

セレアンの少年、オ=メア

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。