Fandom


セレノ・チャンドロ(Seleno Chandro)はかつて賞金稼ぎギルドに所属していた男性賞金稼ぎである。エンドアの戦い以降、チャンドロは銀河帝国の逃亡者たちを捕まえて評判を上げたが、そのせいでファースト・オーダーによる報復を極端に恐れるようになってしまった。35 ABYエクセゴルの戦いが発生した際、チャンドロはレジスタンスの呼びかけに応え、ファースト・オーダーシス・エターナルとの決戦に参加した。レジスタンスが大勝利を収めた後、チャンドロはジャングル衛星エイジャン・クロスレジスタンス基地で祝勝の宴に加わった。

経歴

セレノ・チャンドロは男性賞金稼ぎで、かつては賞金稼ぎギルドに所属していたこともあった。[1] 4 ABYに発生した[2] エンドアの戦い銀河帝国が破れた後、チャンドロはお尋ね者の帝国軍兵士を捕まえて賞金を稼ぎ始めた。チャンドロはこの仕事で名声を上げたが、帝国の残党から生まれたファースト・オーダーの報復を恐れ、彼らとの接触を避けるようになった。35 ABYの時点でチャンドロは無所属となっていたが[1]レジスタンスのメンバーであるランド・カルリジアンチューバッカの呼びかけに応え、惑星エクセゴルファースト・オーダーシス・エターナル戦うレジスタンスに力を貸すことを決意した。[3]

チャンドロを始めとする協力者が集まったことで、レジスタンスの援軍は非常に大規模な艦隊となった。彼らはカルリジアンとチューバッカに導かれて未知領域ハイパースペース異常地帯を旅し、エクセゴルの大気圏でシス・エターナル艦隊ジストン級スター・デストロイヤーと対峙した。シスの暗黒卿シーヴ・パルパティーンフォース・ライトニングを空中に放った際、レジスタンスとその同盟者のスターシップは一時的に制御を失ったものの、ジェダイレイの抵抗によってライトニングが途切れ、再びコントロールを取り戻した。レジスタンスが戦いに勝利を収め、シス艦隊が壊滅した後、チャンドロはジャングルエイジャン・クロスにあるレジスタンス基地を訪れ、他の人々と一緒に記念すべき勝利を祝った。海賊マズ・カナタとチューバッカが再開を果たしていた時、チャンドロはドロイドAL1-L3のそばにいた。またレジスタンスの英雄であるレイとフィンポー・ダメロンがハグしていた時、彼は周囲の群衆の端にいた。[3]

個性と特徴

セレノ・チャンドロはい肌と黄色のを持つエイリアンである。帝国軍兵士を捕まえては賞金をもらうという評判が広がったため、彼はファースト・オーダーの報復を極端に恐れ、彼らとの接触を必死で避けるようになった。[1]

装備

チャンドロは重武装で、ブラスター・ライフルを携帯し、脅威を拡大することができるデータ・ゴーグルをつけていた。また彼は黒いに身を包み、改造型のDウイング・ファイターを乗りこなした。[1]

制作の舞台裏

セレノ・チャンドロは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[3] また、キャラクター名は映画公開日に発売されたパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で初めて判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。