Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

類似した名称の記事はセレノーの任務を参照

クローン戦争終盤の19 BBYアサージ・ヴェントレスボバ・フェット率いる賞金稼ぎシンジケート“クレイツ・クロー”の助けを借り、ドゥークー伯爵から恋人のジェダイ・マスタークインラン・ヴォス救出しようとした。しかしヴォスはドゥークーの拷問に屈して完全にフォースのダークサイドに転向しており、自分の師匠ソルメを殺したのがヴェントレスであることを知って、彼女に恨みを抱いていた。ヴェントレスと賞金稼ぎたちは惑星セレノーにあるドゥークーの宮殿で戦いを繰り広げたが、伯爵の側についたヴォスを説得することができず、救出を諦めて撤退した。

背景

Blue Glass Arrow こちらの記事も参照: ラクサスの任務

クローン戦争の終盤、独立星系連合指導者であるシス卿ドゥークー伯爵マラニー虐殺を行った後、ジェダイ最高評議会は伯爵の暗殺を決断した。潜入任務に長けたジェダイ・マスタークインラン・ヴォスがこの秘密作戦の実行者に選ばれた。ヴォスはドゥークーのかつての弟子である賞金稼ぎアサージ・ヴェントレス接触し、任務への協力を取り付けた。ヴォスはヴェントレスの故郷ダソミアへ旅し、ナイトシスターの流儀に従ってフォースのダークサイドの訓練を積んだ。またヴォスは訓練中にヴェントレスと親密になり、その関係は恋愛に発展した。[1]

ヴェントレスとヴォスは、ドゥークーがラクシアン人道賞の式典に出席するため分離主義勢力の首都惑星ラクサスを訪問する予定があることを知った。2人はラクサスに潜入し、首都ラクサロンでドゥークーとライトセーバー対決を繰り広げた。綿密な準備があったにも関わらず、2人はドゥークーのダークサイドの力と、グリーヴァス将軍分離主義勢力ドロイド軍の増援に破れ、任務の目的を果たすことができなかった。ヴォスはフォース・ライトニングで意識を失ってドゥークーの捕虜になり、セレノーにある伯爵の宮殿に連れて行かれた。一方、ヴェントレスは命からがらラクサスから逃げ出した。[1]

ドゥークーの囚人となった後、ヴォスは長きにわたって過酷な拷問を受けた。やがてヴォスは、自身の師匠のソルメを殺したのがヴェントレスであったことをドゥークーから知らされ、完全にダークサイドに転向した。ドゥークーはヴォスを味方につけ、彼がヴェントレスと敵対するよう仕向けた。一方ヴェントレスはタトゥイーンにあるチャルマンのカンティーナを訪れ、ドゥークーから恋人を救出するため、ボバ・フェット率いる賞金稼ぎのチーム[1] クレイツ・クロー[4] に協力を求めた。ヴェントレスはボバやボスクラッツ・ラジィエンボC-21ハイシンガーたちをこの仕事に雇うために、自身の賞金稼ぎキャリアで手に入れた全財産である25万クレジットを差し出した。[1]

任務

SerennoCity-Nightsisters

救出任務の舞台となったドゥークーの宮殿

アサージ・ヴェントレスとクレイツ・クローは宇宙船スレーヴI>とエンボの<ギロチン>でセレノーへ旅した。ヴェントレスは救出計画を実行に移し、その間に賞金稼ぎたちが陽動攻撃を展開した。ヴェントレスはドゥークーの宮殿に侵入し、ヴォスが囚われている独房を目指した。一方賞金稼ぎたちはセレノーの宮殿に降りてきたシャトルを襲撃し、護衛のバトル・ドロイドと戦った。エンボはキューゾ・ウォー・シールドで2体のドロイドの首を切断し、ラジィはグラップリング・ボアで別のドロイドを捕らえ、ハイシンガーが金属の脚でそのドロイドを粉砕した。[1]

賞金稼ぎがバトル・ドロイドの増援と銃撃をかわすあいだに、ヴェントレスはドゥークーの宮殿の監獄に入り込んだ。独房のほとんどは空だったが、ヴェントレスはライトセーバーを使ってドロイドの歩哨を倒しながら進み、ついにヴォスの房を見つけ出した。しかしヴォスは師匠を殺したヴェントレスを恨んでおり、自分を助けにきた恋人の首をフォース絞め、彼女を嘘つきの殺人者と罵った。ヴェントレスはそれでもヴォスを説得して助けようとしたが、石の床に投げつけられ、戦いが始まった。彼女は恋人のが、ダークサイドによって赤に縁取られた黄色に染まっていることに気づいた。[1]

怒りと憎しみに囚われたヴォスは、ダークサイドで心が曇らされているというヴェントレスの説得に耳を貸さなかった。ヴェントレスはドゥークーやジェダイ・オーダーを捨てて一緒に逃げようと訴えたが、彼女の言葉はヴォスの心に届かなかった。ヴェントレスは賞金稼ぎの助けを借りるため監獄から逃げ出したが、彼らはドゥークー本人との戦いで手一杯だった。賞金稼ぎはドゥークーをネットで拘束することに成功するも、ヴェントレスを追ってきたヴォスが伯爵の側についたため、救出任務を断念せざるを得なくなった。盗んだシャトルで逃げ出した時、ヴェントレスはドゥークーと一緒にいるヴォスを見て、彼が今やドゥークーの新しいシス・アプレンティスになってしまったことを悟った。[1]

その後

Blue Glass Arrow こちらの記事も参照: クインラン・ヴォスの救出

救出任務に失敗したヴェントレスはコルサントへ戻り、ヴォスの友人であるジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービに、ヴォスの身に起きたことを伝えた。ヴォスはそれから数ヶに渡ってドゥークー伯爵の新たな右腕として活躍し、“エニグマ提督”という異名でホロネットを騒がせた。その間ヴェントレスは堕落した生活を送ったが、やがてヴォスと親しいジェダイ・ナイトアカー=デシュが彼女に接触し、ジェダイが次なる救出任務を検討していることを伝えた。ジェダイ評議会から任務の承認を得るため、デシュはオビ=ワンに頼まれてヴェントレスをジェダイ・テンプルへ連れて行った。[1]

最高評議会室にて、ヴェントレスは一部のマスターから冷たい目で見られたが、オビ=ワンとヨーダが彼女の肩を持った。ヴェントレスは評議会にこれまでの経緯を説明し、ヴォスにダークサイドの訓練を積ませたことを認めた。一部の評議員から非難を浴びたものの、ヴェントレスはドゥークー暗殺のため自分を利用しようとした張本人は評議会だと言い返した。最終的に評議会は、ヴェントレスが任務に参加すれば、彼女がこれまで共和国とジェダイに対して犯した罪を帳消しにすることで同意した。ドゥークーとエニグマ提督が惑星タリスへの攻撃を計画しているというウルフ・ユラーレン提督からの情報をもとに、彼らは次の任務に着手することになった。[1]

ヴェントレスの力を借り、オビ=ワンとジェダイ・ナイトのアナキン・スカイウォーカーはドゥークーのプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーに潜入する。彼らはブリッジシスと対決したが、“エニグマ提督”は実は名ばかりで、ヴォスが今も営倉に囚われていることを知った。彼らが営倉に駆けつけると、ヴォスは拷問で弱りきっているように見えたが、ヴェントレスはそれが演技であり、彼が今も完全にダークサイドの虜であることを見抜いた。しかしオビ=ワンは友人の誠実さを信じ、彼を解放して脱出した。実際のところ、ヴォスはヴェントレスの言う通りダークサイドから抜け出せておらず、ジェダイに戻った後も分離主義者のスパイとして活動した。しかしヴォスは、ドゥークーのプランに従うことで彼の信頼を勝ち取り、謎に包まれたシス卿ダース・シディアスの正体を突き止めようとしていたのだった。[1]

制作の舞台裏

Dooku-vs-Hunters

セレブレーション・アナハイムで公開された未完成映像のワンシーン

セレノーの任務は、2015年に発売されたクラウディア・グレイによる正史の小説『ダーク・ディサイプル』で初めて描写された。本作はTVアニメ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』の未完成エピソードを基に制作された『クローン・ウォーズ レガシー』シリーズに属している。[1]

2015年開催のセレブレーション・アナハイムで、『クローン・ウォーズ』のエピソードの未完成映像の一部が公開された。その中には、セレノーにおけるドゥークー伯爵と賞金稼ぎたちの戦闘シーンも含まれている。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。