Wookieepedia
Advertisement

「独裁政治。セレノー出身の伯爵の独裁というわけですか」
「私は野心家だが、そこまでではない」
ウィルハフ・ターキンドゥークー伯爵[出典]

セレノーの伯爵(Count of Serenno)はセレノー家の指導者が冠する称号である。セレノー家はアウター・リム惑星セレノーで最も有力な貴族であり、その伯爵は“名家”と呼ばれる他の貴族家系を取りまとめ、惑星評議会を統括した。[1]

銀河共和国時代の後期、ゴラがセレノーの伯爵を務めた。彼はドロイドの労働力を重用したため、セレニアンの反感を買っていた。やがてゴラの跡を継いだラミルも、先代の伯爵の方針を受け継ぎ、軍隊を解体してセキュリティ・ドロイドの軍事力に置き換えた。ラミルがセレニアンと共和国の対立を煽ろうと画策した際、彼の弟であるジェダイ・マスタードゥークーがセレノーに帰還し、ラミルを倒して惑星を解放した。その後ドゥークーはジェダイ・オーダー脱退し、新たな伯爵としてセレノーを導いた。[1] ドゥークーはクローン戦争終盤にコルサントの戦いで死ぬまで伯爵の称号を保持していた。[2]

帝国時代10 BBY当時、クロッバーがセレノーの伯爵を務めた。この年、クロッバー伯爵はクリムゾン・ドーン犯罪王ドライデン・ヴォスが所有するヨットファースト・ライト>を訪れた。[3]

歴代セレノーの伯爵

期間 画像 人物
40 BBY以前 ゴラ
42 BBY ラミル
42 BBY~19 BBY CountDooku-SWILotS.png ドゥークー
10 BBY当時 クロッバー

制作の舞台裏

セレノーの伯爵は2002年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』で初めて登場した。ただし本作では、セレノーの伯爵であるドゥークーが単に“伯爵”と呼ばれているだけである。[4] “Count of Serenno”という正式な表現は2014年発売の小説『ターキン』(ジェームズ・ルシーノ著)で初めて使用された。翻訳版では“セレノー出身の伯爵”と訳されている。[5]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement