Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

センチネル級着陸船(Sentinel-class landing craft)、センチネル級シャトル(Sentinel-class shuttle)、あるいは帝国軍着陸船(Imperial landing craft)は、サイナー・フリート・システムズ社が製造した銀河帝国シャトルである。

特徴

サイナー・フリート・システムズ社製センチネル級着陸船は、主に軌道の母艦から地上へと部隊を輸送するために使用されたシャトルである。レーザー砲震盪ミサイルといった強力な武器を備え、兵員の輸送のほかに、貨物運搬、短距離偵察、地上部隊の航空支援といった任務にも使用された。[1]

歴史

センチネル級着陸船は銀河帝国宇宙部隊で使用され、帝国軍着陸船とも呼ばれた。ヤヴィンの戦いの直前、デス・スター設計図を持って逃亡中のドロイドを捜索するため、軌道のインペリアル級スター・デストロイヤーからサンドトルーパー部隊を乗せたセンチネル級着陸船がタトゥイーンの地上へと派遣された。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 Starships and Speeders
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9 スター・ウォーズ ビークルのすべて
  4. スター・ウォーズ スーパーグラフィック ―インフォグラフィックで旅する はるかかなたの銀河系―
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 Build the Millennium Falcon.png 週刊スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン 第38号
  6. Rebels-mini-logo.png 反乱者たち潜入工作
  7. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - DS-1デス・スター - DS-2デス・スターII
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スナイパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
他言語版
Advertisement