Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

セヴ(Sev)は銀河共和国グランド・アーミーに仕えたエリート・クローン・コマンドーのニックネームである。ボスフィクサースコーチとともにデルタ分隊を構成した。20 BBYドゥークー伯爵の弟子サヴァージ・オプレス惑星デヴァロン襲撃した後、デルタ分隊は現地の調査へ赴いた。彼らは生存者が1人もいない虐殺現場からジェダイ・マスターハルジーパダワンノックスの死体を回収し、コルサントジェダイ・テンプルへと持ち帰る。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービプロ・クーンサシー・ティンアディ・ガリアはデルタ分隊の直接報告に衝撃を受け、アサージ・ヴェントレスですらこれほどの攻撃を1人でできるはずはないと判断し、新しい脅威が台頭したことに気づいた。

制作の舞台裏

セヴとデルタ分隊は2005年発売のレジェンズ設定のビデオゲーム『スター・ウォーズ リパブリック・コマンド』に登場するキャラクターである。『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』の製作総指揮を務めたデイヴ・フィローニの提案により、デルタ分隊のキャラクターは2011年に放送されたクローン・ウォーズ シーズン3のエピソード『灰色の魔女』にも出演を果たした。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。