Fandom


セヴンス・シスターのライトセーバー(Seventh Sister's lightsaber)はジェダイ・ハンターセヴンス・シスターが使用したダブル=ブレード回転式ライトセーバーである。他の尋問官ライトセーバーと同様、彼女のライトセーバーも2本の刃を回転させることができた。

特徴

銀河帝国の他の尋問官たちが使用したライトセーバーと同様、セヴンス・シスターの武器は円筒形の柄とそれを囲むリングから成っており、リングに沿って2本の刃を回転させることができた。ジェダイ・ハンターの尋問官はライトセーバーの回転機能で敵を威圧し、正面攻撃の防御にも役立てた。<ソヴリン>におけるケイナン・ジャラス大尋問官の対決で明らかになった通り、この種のライトセーバーはリング本体が攻撃を受けて破壊されやすいという弱点があった。

尋問官たちのライトセーバーは、2本の刃を回転させながら頭上に掲げることで、ヘリコプターのようにして飛ぶことができた。

他の回転式ライトセーバーとは異なり、セヴンス・シスターのライトセーバーはリングに模様が入っており、2つの突起が付いていた。

歴史

Ahsoka vs the Seventh Sister

アソーカ・タノとの対決

他の尋問官と同様、セヴンス・シスターはダブル=ブレードの回転式ライトセーバーを使用していた。パウアンの大尋問官が<ソヴリン>で命を落とした後、セヴンス・シスターとフィフス・ブラザーシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーから反乱分子を討伐する任務を与えられた。2人の尋問官はヘイヴン級医療ステーションタコーボガレルオーサロン等で反乱者のジェダイと戦った。2人はケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーとの戦いでは優位に立ったが、アソーカ・タノには敵わなかった。

ヤヴィンの戦いの3前、セヴンス・シスター、フィフス・ブラザー、エイス・ブラザーシスの惑星マラコアで反乱軍のジェダイや元シス卿モールと対決した。セヴンス・シスターはモールによって殺され、彼女のライトセーバーは持ち主の手から落下した。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。