Fandom


ゼヌアス33アンバラン・スターファイター(Zenuas 33 Umbaran starfighter)は惑星アンバラアンバラン民兵が使用した宇宙船である。銀河系で最も直感的な設計と高度なテクノロジーが取り入れられたスターファイターで、他の社会では例を見ない武器や操縦技術が駆使されていた。このスターファイターはアンバラの戦い銀河共和国を苦しめたが、第501軍団クローン・トルーパーが鹵獲した機体を使って反撃に転じ、戦いの流れを変えた。

特徴

機体

アンバランスターファイターは一見すると戦闘機というより巨大なオブジェのような形をしており、大きな三角形の環を描く2枚の翼がコックピット部分の後方に伸びていた。また、操縦席の上部には2枚の小さなフィンがあった。エンジンは船体後部にあり、3つの排気孔が縦に配列されていた。アンバラン・スターファイターのユニークなデザインは操作性の向上に一役買っており、柔軟さとしなやかさのおかげで自然な着陸が可能だった。

操縦方法

アンバラン・スターファイターのコックピットの形式は、銀河系社会で使用される一般的な戦闘機のそれとは大きく異なっていた。駐機中、アンバラン・スターファイターの操縦席は地上に降ろされており、パイロットが着席すると球状のエネルギー・シールドが発生し、パイロットを乗せたまま浮遊して戦闘機の本体に収容された。また、操縦席全体もレイ・シールドによって保護された。パイロットの両手にはホログラフィック・インターフェースが表示され、ジェスチャーに敏感に反応するタッチ制御機構で機体を操縦した。

アンバラン・スターファイターは他の戦闘機と比較して飛行パターンもユニークだった。この戦闘機はカーブやターンをせずにその場で回転して方向転換することが可能で、極めて操作性が高かった。アンバランのテクノロジーに不慣れな者にとって、このスターファイターの操縦は非常に難解であり、不安定な飛行になりがちだった。クローン・トルーパーハードケースファイヴスは最初の飛行で機動重砲の撃破に成功したが、その次の練習飛行は惨憺たる結果に終わる。

武器

アンバランのスターファイターはタンクや大勢の兵士を一度に制圧できる強力な電磁プラズマ砲を機首に装備していた。機動重砲やホバー・タンク等、アンバランの軍隊で幅広く使用されていたこの兵器は、厚いブラスト・ドアを容易に突破することができた。また、アンバラン・スターファイターは両翼に脱着式ミサイル・ポッドを装備していた。このポッドは機体から取り外し、リパルサーリフトを使って手動で移動させることができた。

歴史

アンバラン・スターファイターは、ゴースト星雲惑星アンバラに住むアンバランの民兵によって使用された。クローン戦争中、この戦闘機はアンバラの戦いで活躍し、惑星の軌道銀河共和国の戦闘機や軍艦と交戦する。アンバラの地表に降下した共和国グランド・アーミー第501軍団は、アンバラン空軍基地へ向かう途中で機動重砲に行く手を阻まれたが、ハードケースとファイヴスが基地から奪取した敵スターファイターを使って重砲を蹴散らした。その後、ハードケース、ファイヴス、ジェシーは上官であるポング・クレル将軍の命令を無視し、軌道の分離主義勢力補給船を破壊するためアンバラン・スターファイターで出撃した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。