Fandom


この記事はゼータ級シャトルを扱っています。お探しの記事はゼータ級貨物シャトルかもしれません。
「ターキン総督、超空間から出現した機体をレーダーが検知しました。惑星へと向かっています。帝国のゼータ級シャトルです」
―<ソヴリン>のクルー[出典]

ゼータ級シャトル(Zeta-class shuttle)は銀河帝国で使用されてたシャトルの級種である。帝国時代の初期、尋問官はゼータ級シャトルの<インファーナム>を移動手段に用いていた。

特徴

ゼータ級シャトルは着陸時に折りたたまれる3枚の翼を持つスターシップで、ハイパードライブを搭載していた。全体的な外見はラムダ級T-4aシャトルに似ており、機体の側部に搭乗口があった。[1]

歴史

銀河帝国時代の最初期、シス卿ダース・ヴェイダーに率いられたジェダイ・ハンターの集団、尋問官がゼータ級シャトル<インファーナム>を移動手段に用いていた。18 BBY、ヴェイダーと尋問官たちはリー=チャー顧問を務めるジェダイパダワンの生存者フェレン・バーを粛清するため、<インファーナム>で惑星モン・カラを訪れた。ダック・シティの戦いのさなか、リー=チャーの命令でモン・カラの都市が破壊された際、<インファーナム>も巻き添えになった。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。