Fandom


「腐敗は、人民に選ばれた代表が、自らの利益を人民のそれより優先させたときに起こります」
「強欲が原因ということですか?」
「そうよ」
アソーカ・タノとソニー[出典]

ソニー(Soniee)はマンダロリアン人間女性で、銀河共和国時代の末期に惑星マンダロア王立アカデミーで学んでいた候補生である。利口で技術的な才能に恵まれていたソニーは、マンダロアの指導者を育成するアカデミーでコーキー・クライズエイミスラゴスといったクラスメイトたちとともに勉学に励んだ。クローン戦争中の21 BBY、ソニーとクラスメイトたちはジェダイパダワンアソーカ・タノから特別講義を受け、マンダロア市民を苦しめていた闇市場陰謀と戦った。彼女たちは新マンダロリアン政府のアルメク首相が事件の首謀者だったことを突き止め、タノと協力してサティーン・クライズ女公爵の危機を救った。19 BBYデス・ウォッチシャドウ・コレクティヴがマンダロアの支配権を握った後、ソニーと友人たちは王立刑務所に投獄されたサティーン公爵の救出を試みた。

経歴

Soniee

21 BBY当時のソニー

人間女性、ソニーはアウター・リム・テリトリー惑星マンダロアに生まれた。彼女は同世代の若者の中でも特に優秀で、マンダロアの未来の指導者を育成する王立アカデミーに通う候補生になった。[1] 彼女は同じアカデミーに通う候補生のエイミスラゴスコーキー・クライズと親しかった。クローン戦争中の21 BBY、コーキーのおばで新マンダロリアン政府の指導者であるサティーン・クライズ女公爵ジェダイパダワンアソーカ・タノを王立アカデミーの講師としてマンダロアへ招いた。タノはソニーのクラスで講義を受け持ち、政治的な腐敗が起きる仕組みを説明した。[2]

タノの授業を受けた後、ソニーとエイミス、ラゴス、コーキーはマンダロアを苦しめていた食料不足の原因を探るため、首都サンダーリ倉庫区画にある政府倉庫に忍び込んだ。彼女たちはそこで闇市場の商人の密会現場を目撃し、ソニーは黒幕であるフード姿の男をホロカムの記録に収めた。ソニーが撮影したホログラムはタノのデータベースと照会され、フードの男の正体がマンダロアのアルメク首相であることが判明する。その後ソニーとクラスメイトたちはアルメクに捕まったサティーン公爵を救出するため王立刑務所に潜入し、首相やマンダロリアン・シークレット・サービスと戦った。彼女たちの活躍により、マンダロアの民を苦しめていた闇市場の陰謀に終止符が打たれた。[2]

19 BBY、マンダロアはシス卿ダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴの支配下に落ち、サティーン・クライズは指導者の座を失って再び刑務所に入れられた。ソニーとクラスメイトたちはボ=カターン・クライズ率いるナイト・アウルと力を合わせ、サティーンの救出を試みた。しかし公爵はマンダロリアン・スーパー・コマンドーによって再逮捕され、間もなくモールの手で処刑された。[3]

個性と特徴

「ドアは政府ががっちりロックしている」
「ロックはすぐに解けるわ」
―コーキー・クライズとソニー[出典]
Soniee SWE full

19 BBY当時のソニー

マンダロリアンのソニーは若い頃から優れた知性と技術的な才能に恵まれていた。同世代のマンダロリアンの中で最も優秀かつ知的な若者の1人だったソニーは、マンダロアの次世代の指導者たちを育成する王立アカデミーに入学することができた。[1] 彼女はその技術的才能をクラスメートたちのために役立て、闇市場の実態を調査した際には政府が倉庫にかけたセキュリティ・ロックを短時間で突破した。[2]

ソニーは人間の女性で、髪は茶、目は緑色、肌は白かった。21 BBY当時、彼女はバイザーを常時着用し、モバイル・コンピューターを持ち歩いていた。[2] サティーン公爵の救出を試みた際、ソニーはウェスター35ブラスター・ピストルで武装した。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。