Fandom


「ケイナンはターキン総督のデストロイヤー<ソヴリン>にいる。今はロザルの軌道上だけど…すぐに移動予定よ」
―サビーヌ・レン[出典]

<ソヴリン>(Sovereign)は銀河帝国宇宙艦隊に属したインペリアルI級スター・デストロイヤーロザルの反乱の間、グランドモフウィルハフ・ターキン旗艦として使用された。ヤヴィンの戦いの4前、ムスタファー星系反乱者たちに破壊された。

特徴

<ソヴリン>は全長1,600メートルインペリアルI級スター・デストロイヤーだった。この主力艦テイム&バック社XX-9重ターボレーザー砲塔60基、ボーステル社NK-7イオン砲60基、ファイロン社07トラクター・ビーム発生装置10基を搭載していた。<ソヴリン>には尋問用の部屋があり、捕虜の拷問が行われた。

歴史

帝国時代初期

銀河帝国の誕生から5が過ぎた当時、<ソヴリン>は既に帝国宇宙軍で使用されていた。当時はアベル・ラサル司令官が<ソヴリン>の指揮を執っていた。バーチ・テラー率いる抵抗勢力が帝国に対して反乱を起こした時、<ソヴリン>は惑星フォンドアに駐機していた。テラーの抵抗勢力はコルベットキャリオン・スパイク>の燃料を補給するためラサル司令官の個人情報を利用した。

反乱運動の拡大

のちに<ソヴリン>はアウター・リム・テリトリー全域の総督を務めるグランドモフウィルハフ・ターキン旗艦になった。スター・デストロイヤー<リレントレス>の艦長だったカシウス・コンスタンチンは<ソヴリン>に配置換えとなり、グランドモフの副司令官を務めた。

アウター・リムの惑星ロザルで起きた反乱が帝国の関心事になった際、ターキンは自らロザルに赴き、反乱者たちを率いるジェダイケイナン・ジャラスを捕まえた。ジャラスは<ソヴリン>に運ばれ、帝国のジェダイ・ハンターである大尋問官に拷問された。ジャラスがマインド・プローブにも口を割らなかったため、ターキンは<ソヴリン>を帝国の尋問施設があるムスタファー星系へ移動させた。

反乱者たちはジャラスの居場所を突き止め、救出作戦を開始した。彼らはロザルのTIEファイター飛行場でゴザンティ級クルーザーを盗み出し、味方のふりをして<ソヴリン>にドッキングした。ジャラスの弟子エズラ・ブリッジャーは独房からマスターを救出したが、大尋問官が2人の前に立ちはだかった。ジャラスはライトセーバー対決に勝利したが、大尋問官のライトセーバーが<ソヴリン>の反応炉に落下し、爆発の連鎖反応を引き起こした。尋問官は燃え盛る反応炉に身を投げ、自ら命を絶った。反乱者たちやターキンが脱出した後、制御を失った<ソヴリン>は惑星ムスタファーへと落下していった。

<ソヴリン>の破壊はグランドモフ・ターキンだけでなく皇帝シーヴ・パルパティーンの不興を買った。銀河内戦が終結に近づいていた頃、<ソヴリン>破壊事件はジャクーの戦いに参加した新共和国兵士の間でも記憶されていた。彼らはスター・デストロイヤーを拿捕する作戦を与えられていたが、拿捕は破壊よりもさらに困難な仕事だと考えた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。