Fandom


ゾーリ・ブリス(Zorri Bliss)は惑星キジーミ出身の人間女性で、キジーミのスパイス・ランナーズと呼ばれる運び屋集団のリーダーである。かつてダンサーだった過去を持つブリスは、10代の頃にスパイス・ランナーズに加わり、暗黒街で生きていくすべを身に着けた。この頃、彼女は家を飛び出してスパイス・ランナーズに加入したポー・ダメロンと知り合い、息の合ったチームメイトとなった。しかし反乱同盟の英雄の息子であるダメロンは、やがて葛藤のすえグループを去り、ブリスとのあいだに複雑な関係を残した。のちにブリスはスパイス・ランナーズのリーダーとなったが、この時代、ファースト・オーダーレジスタンス戦争の影響で彼女たちが中立を維持するのは困難になっていた。[2]

キジーミ・シティがファースト・オーダーによって占領された後、ブリスはレジスタンスの一員として活躍するダメロンと再会した。ダメロンとその仲間たちは、シス・エターナルの本拠地である惑星エクセゴルへ行く方法を突き止めるため、シスの言語の翻訳を禁じるプロトコル・ドロイドC-3POのプログラミングを回避する手段を探していたのである。ダメロンへの恨みは消えていなかったが、ブリスは彼らを一流のドロイドスミスであるバブ・フリックのもとへ案内した。目的を果たしたダメロンたちがキジーミを離れた際、ブリスは一緒に来ないかという誘いを断った。しかし彼女はファースト・オーダーのジストン級スター・デストロイヤーデリファン>がキジーミを破壊する前にこの星を離れ、BTA-NR2 Yウイング・スターファイターに乗り込んでエクセゴルの戦いに参加した。[3]

制作の舞台裏

ゾーリ・ブリスは2019年公開のシークエル・トリロジー第3作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』に登場するキャラクターである。女優はケリー・ラッセル。2019年5月22日、『ヴァニティ・フェア』誌の記事で初めてこのキャラクターの名前とビジュアルが公開された。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。