Fandom


この記事は人物を扱っています。お探しの記事は惑星かもしれません。

タイソン(Tyson)は人間男性で、初期反乱軍に所属したスターファイターパイロットである。BTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーから成るゴールド中隊に所属し、コールサイン・“ゴールド3”を担当した。2 BBY、タイソンはハンドオフ作戦に参加した際に戦した。

経歴

人間男性、タイソンは初期反乱軍に所属したスターファイターパイロットである。彼はジョン・“ダッチ”・ヴァンダー隊長を務めるゴールド中隊の隊員で、コールサイン・“ゴールド3”を担当していた。ヤヴィンの戦いの2年前、ゴーマンの虐殺を批判するスピーチを行ったモン・モスマ元老院議員銀河帝国から亡命した際、ゴールド中隊は彼女の逃亡を手助けした。タイソンたちのYウイング・ファイターはモスマのテイランダー・シャトルシャンドリラ・ミストレス>をエスコートし、スペクターズ反乱分子の宇宙船ゴースト>と合流する。ゴールド中隊の隊員は<ゴースト>が運んできた燃料タンクを使って戦闘機の補給を行った。

アークワイテンズ級司令クルーザーTIE/ln制宙スターファイターが周辺領域に出現すると、タイソンとゴールド中隊隊員は若き反乱者エズラ・ブリッジャーとともに襲撃者を迎え撃った。戦闘中、タイソンたちはジョン・ヴァンダーの命令で軽クルーザーイオン砲を浴びせた。彼らは敵艦にプロトン魚雷でとどめを刺したが、<ミストレス>はこの戦闘で航行不能になり、モスマと彼女のクルーは<ゴースト>に乗り移った。ゴールド中隊がクルーザーを仕留めた後、一行はハイパースペースにジャンプする。

モスマをダントゥインに送り届けるため、<ゴースト>とゴールド中隊はアーキオン星雲で追跡者を撒くことにした。ヴァルト・スケリス司令官の操縦する試作型TIE/Dディフェンダーと僚機のTIE/INインターセプターが現れたとき、ヴァンダー隊長はタイソンとゴールド4に新型TIEの迎撃を命じた。しかし、YウイングのパイロットたちはTIEディフェンダーの強力な偏向シールドを破ることができなかった。スケリスはタイソンとゴールド4を撃墜し、アーキオン・パスの奥深くへと<ゴースト>を追跡した。

個性と特徴

タイソンは人間の男性で、2 BBYに反乱軍パイロットとして帝国との戦いに参加していた。彼の肌と髪の毛は黒く、目は茶だった。ゴールド中隊のパイロットとしてYウイングに搭乗する際、タイソンはオレンジ色のジャンプスーツヘルメットを身に着けた。彼は優れたパイロットで、ヘルメットに3つのヴィクトリー・デカールを入れていたが、スケリスの操縦する新型TIEとの戦いを生き残ることはできなかった。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。