Fandom


タイバー・サクソン(Tiber Saxon)は人間男性で、ヴィズラ家サクソン氏族出身のマンダロリアンである。兄弟のヴァイスロイガー・サクソンサビーヌ・レンとの対決に破れ命を落とした後、ガーに代わって惑星マンダロア総督となった。インペリアル・スーパー・コマンドークライズ家レン氏族との間に抗争が始まると、タイバーはかつてサビーヌが帝国アカデミーにいた頃に設計した殺戮兵器アーク・パルス・ジェネレーターを積んだ改造型AT-DPを戦いに投入する。この兵器はマンダロリアン・アーマーを標的に設定し、その着用者だけを蒸発させることができた。<ダッチェス>は最初の戦闘でその真価を発揮したが、殺戮兵器の効果範囲をさらに高めるには設計者であるサビーヌの知識が不可欠だった。タイバーは首都サンダーリにドッキングしたインペリアルI級スター・デストロイヤーでサビーヌのチームを待ち伏せして罠にかけ、自分の要求に従わなければボ=カターン・クライズを殺すと脅迫する。しかしサビーヌは銀河帝国のアーマーの着用者を標的に選ぶよう兵器を設定し直し、形成を逆転させた。その後サビーヌは兵器を破壊して仲間とともにスター・デストロイヤーから逃げ去り、タイバーは爆発で命を落とした。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。