Fandom


この記事は元老院議員を扱っています。お探しの記事は他のリンまたはガーかもしれません。

タイ=リン・ガー(Tai-Lin Garr)は惑星ガタレンタを代表した新共和国元老院議員銀河元老院ポピュリストの派閥に属していたガー議員は、反乱同盟軍の英雄として有名なレイア・オーガナの旧い友人だった。エンドアの戦いから24年が過ぎた当時、新政府創設当時からの元老院メンバーはガーとオーガナの2人だけになっていた。

この頃、新共和国の元老院ではポピュリストとセントリストという2大派閥の間に大きな論争が巻き起こっていた。ガーとその盟友たちは加盟惑星に今より大きな自由と裁量権を与えるべきだと考えていたが、セントリストは強力な軍隊に支えられた中央集権制を支持していた。派閥間で高まる緊張を緩和するため、元老院の分裂危機に歯止めをかけることができる新指導者、“主席議員”の選挙が行われることになった。

ポピュリストは当初オーガナを候補者に押していたが、オーガナはシス卿ダース・ヴェイダーの実娘であることをランソム・カスタルフォ議員に告発され、選挙戦から降りることになった。ガーは旧友の代わりにポピュリスト派閥からの候補者となったが、選挙が始まる前にアマクシン戦士団アリーズ・ハドラシアンによって暗殺されてしまった。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。