Fandom


類似した名称の記事はタックを参照
「サグワ! こっちだ!」
サグワに対し、タック[出典]

タック(Tak)は人間男性で、惑星ケッセルスパイス鉱山で働かされていた奴隷である。タックはもともとコルサントで悪事を働いていた詐欺師だったが、ケッセルの王女に詐欺を仕掛けようとして失敗し、鉱山送りになった。

経歴

人間男性、タックはパイク・シンジケート奴隷となる前は惑星コルサントで高齢者を狙う詐欺を働いていた。しかし彼は惑星ケッセル王女に対して同様の詐欺を仕掛けようとして失敗し、奴隷としてスパイス鉱山に送られることになってしまった。彼はこの過酷な労働現場においても、楽なシフトを手に入れるために詐欺や騙しのテクニックを駆使していた。[2]

10 BBYクリムゾン・ドーンの手先であるトバイアス・ベケットクルーがケッセルのスパイス鉱山にやってきた時、タックも他の奴隷と一緒に鉱山で働いていた。ベケットのクルーは鉱山の監督者であるパイクカポクエイ・トルサイトを殺害し、シンジケートが所有している未精製コアクシウム強奪を試みた。彼らはその過程で司令センターのドロイドを解放し、自由になったドロイドによって生物の奴隷の拘束具も遠隔操作で解除された。鉱山が混乱に陥る中、タックはウーキーサグワや他の仲間とともに自由を求めて地上へ急いだ。[1]

個性と特徴

タックは白人種の人間の男性で、は青く、は白かった。10 BBY当時、タックは黄土色の衣服ローブブーツを身に着け、採鉱労働者仲間から盗んだ粗い手触りの日除けをかぶっていた。[2]

制作の舞台裏

タックは2018年に公開されたアンソロジー映画第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。俳優はアンソニー・ダニエルズ。ダニエルズはC-3PO役でサーガ・フィルムおよび『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場しており、これでスター・ウォーズの映画作品全作に出演していることになる。

また、ダニエルズは『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でC-3PO以外にダニル・フェイトーニ役でカメオ出演している。レジェンズ設定によるとダニル・フェイトーニはコルサントで活動した詐欺師であり、タックの設定と共通点がみられるが、現時点で関連性は不明。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。