Fandom


タック=ビーム施設(Tak-Beam complex)は反乱同盟銀河帝国との戦争の終盤で使用した、惑星ダークティールの基地である。モン・モスマ議長補佐官にして公文書保管人ヘンドリ・アンダーホルトは、タック=ビーム施設で“レベル・ファイルズ”と呼ばれる非電子アーカイブの保守業務を命じられた。4 ABYエンドアの戦いと同日、施設は3隻のスター・デストロイヤー爆撃を受けて壊滅する。それから数十年後、レベル・ファイルズは発掘活動のさなかに再発見され、最終的にレジスタンスレイア・オーガナのもとへ届けられた。[1]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。