Fandom


「かの者はジェダイの武芸の訓練を受けていました。私の直感では、彼はシス卿に間違いありません」
―クワイ=ガン・ジン[出典]

タトゥイーンの対決(Duel on Tatooine)はトレード・フェデレーションによるナブー侵略のさなかに砂漠惑星タトゥイーンで発生した、ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンシスの暗黒卿ダース・モールの対決である。クワイ=ガンは弟子オビ=ワン・ケノービとともにパドメ・アミダラ女王を救出して惑星ナブーから脱出し、女王のロイヤル・スターシップを修理するためタトゥイーンに立ち寄っていた。ナブー危機の立案者であるシス・マスターダース・シディアスは、アミダラ女王を捕まえるため弟子のモールをタトゥイーンへ派遣した。

クワイ=ガンはアナキン・スカイウォーカー少年を連れて女王のスターシップへ戻る途中で、シス卿の襲撃を受けた。クワイ=ガンは正体不明の襲撃者とライトセーバーの対決を繰り広げ、ロイヤル・スターシップが離陸するまでの間、モールの攻撃をしのいだ。クワイ=ガンは飛び立った宇宙船のタラップに飛び乗り、モールを1人砂漠に残してタトゥイーンを後にする。銀河共和国首都惑星コルサントに到着した後、クワイ=ガンは謎の襲撃者はシスに違いないとジェダイ最高評議会に報告したが、賛同は得られなかった。しかし間もなくクワイ=ガンとオビ=ワンはナブーの戦いで再びモールと相まみえることになった。

背景

「ついにジェダイの前に姿を見せる時が。復讐の時が来ました」
―ダース・モール[出典]

32 BBY[2]シスの暗黒卿の陰謀により、トレード・フェデレーションによってミッド・リム惑星ナブー侵略された。ナブーの女王パドメ・アミダラジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンパダワンオビ=ワン・ケノービの助けを借りて母星から脱出し、アウター・リム・テリトリー砂漠の惑星タトゥイーンへ逃れた。ナブー侵略を合法化するには女王に協定書へ署名させる必要があったため、シス卿ダース・シディアス弟子ダース・モールをタトゥイーンへ派遣する。スター・クーリエシミター>でタトゥイーンに到着したモールは、DRK-1ダーク・アイ・プローブ・ドロイドを使ってモス・エスパを捜索し、アミダラの居場所を探った。一方、クワイ=ガンはブーンタ・イヴ・クラシック賭け宇宙船の修理部品を手に入れた後、奴隷生活から解放されたアナキン・スカイウォーカー少年を引き取り、宇宙船に戻る途中だった。[1]

対決

「クワイ=ガンが襲われている」
―キャプテン・パナカ[出典]
JedivsSith

ジェダイとシスの対決

プローブ・ドロイドからの報告を受けたモールは[1]FC-20スピーダー・バイクブラッドフィン[4]ナブー・ロイヤル・スターシップの方角へ向かい、ゼルリック・ドローと呼ばれる平原で、船に戻る途中のクワイ=ガンとアナキンを襲撃した。[3] アナキンはクワイ=ガンから伏せるよう命じられたおかげで、モールのスピーダー・バイクに轢かれずに済んだ。アナキンの頭上を通過した後、モールはスピーダー・バイクから飛び降り、ライトセーバーを起動してジェダイ・マスターを攻撃する。クワイ=ガンは自身のセーバーを抜いて応戦しながら、ロイヤル・スターシップのクルーに離陸を指示するよう、アナキンに命じた。[1]

モールはこの戦いでダブル=ブレード・ライトセーバーの刃を片方だけしか起動しなかった。アナキンが船に向かって走っていく中、クワイ=ガンは後方へ後ずさりしながらモールの攻撃をしのぎ、自身も反撃に転じたが、シスのライトセーバーに防御された。一方、アナキンはスターシップで侍女に扮したアミダラやキャプテンパナカと合流し、コックピットにいたオビ=ワンやパイロットリック・オーリーらにクワイ=ガンの状況を伝えた。オーリーはオビ=ワンの命令でスターシップを発進させ、ライトセーバーの対決が行われている現場に向かって低空で飛行した。クワイ=ガンが戦いを切り上げてタラップに飛び乗ると、スターシップはモールを砂漠に置き去りにしてそのまま空の彼方へ消えていった。[1]

その後

「女王とともにナブーへ行き、闇の戦士の正体を掴むのだ」
―メイス・ウィンドゥ[出典]
TheOneThatGotAway

女王とジェダイを取り逃がしたモール

女王とともに銀河共和国の首都惑星コルサントに戻った後、クワイ=ガン・ジンはジェダイ最高評議会にタトゥイーンでの事件を報告し、襲撃者はシス卿に違いないと語った。シスは1,000年前に全滅したと信じられていたため、クワイ=ガンの主張は賛同を得られなかった。マスター・メイス・ウィンドゥはクワイ=ガンとオビ=ワンに引き続きナブーの問題を任せ、襲撃者の正体を解き明かすよう言い渡した。[1]

クワイ=ガンとオビ=ワンは女王とともにナブーに戻り、トレード・フェデレーションとの戦いに参加した。その際、2人は首都シードパワー・ジェネレーターで再びモールと対峙した。クワイ=ガンはこの対決で命を落としたが、オビ=ワンがモールに重傷を与え、勝利を収めた。この戦いの後、メイス・ウィンドゥとグランド・マスターヨーダはシスの存在を認め、今回の敵の他にもう1人、彼の師匠または弟子にあたるシスがどこかに残っていると結論を下した。[1]

ダース・モールはオビ=ワンに敗れて重傷を負ったが、死んではいなかった。彼はアウター・リムの惑星ロソ・マイナーへ逃げ延び、クローン戦争の時代になって弟のナイトブラザーサヴァージ・オプレスによって発見された。[5] モールはクローン戦争で再台頭を果たしたが、やがてシディアスに破れ、逃亡者となった。[6] 2 BBY、モールは再びタトゥイーンを訪れ、隠遁生活を送っていたオビ=ワンに再度対決を挑んだ。オビ=ワンはモールを倒して30年に及ぶ因縁に終止符を打った。[7]

登場エピソード

参考資料

Duel on Tatooine BTS

撮影風景

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。