顔にタトゥーを入れたデヴァロニアン囚人

タトゥー入れ墨(Tattoo)は皮膚に絵や文字、模様などを描きいれる手法、およびその手法により描かれたものを指す。額や手など特定の個所にタトゥーを描くこともあれば、全身に模様を彫るケースもあった。ザブラクパントランミリアランをはじめ、銀河系にはタトゥーの文化を持つ種族や民族が複数存在した。また民族的文化のほかに、タトゥーは軍隊や犯罪ファミリーといった所属組織への忠誠心を示す手段として用いられることもあった。[1]

タトゥーを彫ることを専門とする職業はタトゥー・アーティストと呼ばれた。[2] タトゥーを彫る際には、インクなどの着色料が用いられた。ハット種族のメンバーはカジディクの紋章をタトゥーにする際、クオレン工芸インクを使用した。[3] またダソミアナイトシスターナイトブラザーが使用したマッシュリングのように、植物由来の顔料が使われることもあった。[4] エレクトロ=タトゥーと呼ばれる、刺青にデータを組み込むテクノロジーも存在した。[2]

主なタトゥー文化

ダソミリアン

ナイトブラザーのダソミリアン・ザブラクたち

ダソミリアンのタトゥーは、彼らの部族の伝統を象徴していた。ナイトブラザーと呼ばれる男性のダソミリアン・ザブラクたちは、生まれ持つ縞模様をタトゥーで強調し、美しく装飾していた。また女性のナイトシスターたちは一般的に男性よりも繊細な模様の、青白い肌に映えるモノクロームのタトゥーを入れていた。[1] ナイトシスターやナイトブラザーは、惑星ダソミア植物マッシュリングをタトゥーの染料として活用していた。彼らはマッシュリングのさやをどろっとした黄色のペーストになるまで煮詰め、そこに粘土や灰といった他の顔料を混ぜることで、さまざまなを作り出した。[4]

ダソミリアン・ザブラクのシス卿ダース・モールは顔面と体に戦士部族ナイトブラザー出身であることを示す赤と黒の模様を刺青していた。[5] 同じ部族でも使用する色が異なる場合があり、サヴァージ・オプレスは黄色と黒、フェラルは金色と茶色、ブラザーヴィスカスはオレンジと黒のタトゥーだった。[6]

ハット

ジャバのタトゥー

ハットの文化には犯罪行為が根付いており、彼らのタトゥーは犯罪ファミリーや犯罪組織、悪評高いギャング集団への忠誠心を示すものであることが多かった。例えばズィロ・デシリジク・ティウレは犯罪組織ブラック・サンの指導者のひとりとしてシンジケートのシンボルマークを体に入れ墨し[1]、さらに惑星スレヘイロンとの繋がりを示すカラフルなタトゥーも入れていた。[7] またジャバ・デシリジク・ティウレもデシリジク・カジディクの紋章を[1]アロクベサディ・カジディクの紋章をそれぞれ腕に刺青していた。[7] ハットはカジディクの紋章をタトゥーにする際、クオレン工芸インクを着色料として用いた。このインクは極めて貴重で、密輸業者にとって1キログラムあたりの単価が最も高い貨物のひとつだった。[3]

イリドニアン・ザブラク

ジェダイ・マスターイース・コス賞金稼ぎスーギといった[1] イリドニアン[8] ザブラクは、しばしばモノクロの細い線で描かれたタトゥーを入れていた。その模様は彼らの育った環境を思わせる、ひび割れた土のような見た目だった。彼らのタトゥーの模様はさまざまで、人生における重要なできごとや家系を象徴している場合もあった。[1]

ミリアラン

ミリアランはスピリチュアルな文化が盛んな種族であり、緑や黄色のトーンの肌に、幾何学模様のタトゥーを入れていた。このタトゥーは彼らが身に着けたスキルや、やり遂げた仕事など、個人的な成果を象徴していた。[1] ミリアランのジェダイ・マスター・ルミナーラ・アンドゥリは顎に青いタトゥーを入れていた。またアンドゥリのパダワンであるバリス・オフィーは頬と鼻、そして手の甲にタトゥーを入れていた。[5]

パントラン

芸術的な社会と洗練された文化を持つパントラン種族にとって、タトゥーは良く仕立てられた衣服や上品な宝石と同様、彼らの社会的地位を象徴するものだった。彼らの青い肌に彫られた黄金のタトゥーの模様は、古代のパントランのテキストを想起させるシンプルなラインで形作られていた。[1]

主なタトゥーの例

クローン・トルーパー

顔面に共和国の紋章の入れ墨を持つジェシー。ヘルメットにも同じ紋章がペイントされていた

共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・トルーパーたちは遺伝子的にはみな同じだったが、それぞれ異なる個性を持ち、髪形やタトゥーなどで独自性を表現していた。[1] また彼らはしばしば顔のタトゥーと同じ模様を、クローン・トルーパー・アーマーにもペイントしていた。[9][10]

  • CC-8826、“ネーオ”は左目の下にオーラベッシュのアルファベットで自分の識別番号を入れ墨していた。[11]
  • CT-782、“ヘヴィー”は首から顎にかけて黒いタトゥーを入れていた。[12]
  • CT-5385、“タップ”は右目の下に涙のような模様を入れ墨していた。また彼のヘルメットにも同じ模様がペイントされていた。[10]
  • CT-5555、“ファイヴス”は額の右側に数字の「5」のタトゥーを入れていた。[12]
  • CT-5597、“ジェシー”は大きな共和国の紋章を顔面に入れ墨しており、ヘルメットにも同じ模様がペイントされていた。[9]
  • CT-6116、“キックス”は側頭部にオーラベッシュで「良いドロイドは死んだやつだけ(A good droid is a dead one)」という文章を入れ墨していた。[1]
  • エッジは左の眉の上にオーラベッシュの文字センス」を入れ墨していた。[13]
  • サイスは額に獣の牙を模した入れ墨をしていた。[13]
  • ジェックは首の後ろに円形や直線からなる模様を入れ墨していた。[1][14]
  • ドグマはV字型の幾何学的な模様を顔に入れていた。また彼のヘルメットにもV字型のペイントが施されていた。[10]
  • ハードケースは顔の右側と顎の下にストライプ模様を入れており、アーマーとヘルメットにも同じ模様が入っていた。[9]
  • リースは頬に黒い模様を入れ墨していた。[14]

軍人

犯罪者

フォース感応者

登場エピソード

顔にタトゥーを入れたバリス・オフィー

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア
  2. 2.0 2.1 2.2 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド
  3. 3.0 3.1 スター・ウォーズ:スマグラーズ・ガイド
  4. 4.0 4.1 Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー
  5. 5.0 5.1 スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版
  6. TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ新たな脅威
  7. 7.0 7.1 きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック
  8. アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  9. 9.0 9.1 9.2 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ逃亡者
  10. 10.0 10.1 10.2 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズアンバラの暗雲
  11. StarWars.com "Secret Weapons" Episode Guide – The Clone Wars - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  12. 12.0 12.1 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズルーキーたち
  13. 13.0 13.1 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズブレイン・インベーダー
  14. 14.0 14.1 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ待ち伏せ
  15. TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズその手に掴むもの
  16. スター・ウォーズ:ケイナン2 ファースト・ブラッド
  17. マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター16:救出
  18. スター・ウォーズ:ドクター・アフラ 立場逆転
  19. TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ爆破犯を追え
  20. StarWars.com "Dark Disciple" Concept Art Gallery - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  21. スター・ウォーズ 反乱者たち:ビジュアル・ガイド
  22. TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ未知の症状

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。