Fandom


タラジャ・カッツメイ(Taraja Cuttsmay)は人間女性で、惑星サヴァリーンナコティック・コーストにあるの預言者である。他の村人と同じく、彼女も犯罪シンジケートのクリムゾン・ドーンによってを切り落とされていた。10 BBYクラウド=ライダーズハン・ソロたちが力を合わせてシンジケートに対抗した時、カッツメイも村に居合わせた。

経歴

タラジャ・カッツメイは惑星サヴァリーンで暮らしていた人間女性である。彼女の村はナコティック・コーストと呼ばれる岸にあるビス精製所の廃墟につくられていた。[1] この村で暮らすほかのサヴァリアンと同じく、彼女は村人がクリムゾン・ドーンに反抗した際に報復としてを切り落とされた。[2] カッツメイは“波上眼”を持ち、未来を予知する能力があると信じられていた。そのため村人や新生児の幸福を願い、祝福を与えるのが彼女の役割だった。[1]

10 BBYトバイアス・ベケットクルーがカッツメイたちの村にやってきた。彼らは惑星ケッセル強奪したコアクシウムをビス精製所で加工し、クリムゾン・ドーンに差し出すつもりだった。しかしクラウド=ライダーズを率いるエンフィス・ネストがベケットの仲間であるハン・ソロに事情を説明し、コアクシウムは村人たちに残酷な仕打ちを行った犯罪組織ではなく、反乱運動に提供すべきだと説得した。その後、クラウド=ライダーズはハンの作戦によってシンジケートの保安部隊勝利し、貴重なハイパー燃料を手に入れることに成功した。[2]

個性と特徴

タラジャ・カッツメイは未来を予知する能力の持ち主と信じられており、古くからの言い伝えを守り、予知をする時以外は人前でを見せないようにしていた。彼女は褐の肌と茶色の、黒いを持ち、黒と黄色のラインが入ったオレンジ色のローブを着ていた。[1]

制作の舞台裏

タラジャ・カッツメイは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。パブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で初めて名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。