Fandom


「タロン・マリコスはジェダイだったが、今は違う。別の何かだ」
カル・ケスティス[出典]

タロン・マリコス(Taron Malicos)は人間男性で、銀河共和国時代末期のジェダイ・マスターであある。クローン戦争ではジェダイ将軍として活躍し、兵士を鼓舞する能力と戦術家としての才能で名を挙げた。戦争終結時にオーダー66が発令された際、マリコスは部下のクローン・トルーパーの裏切りに遭ったが、宇宙船で逃げ延びた。船はダソミアに落下し、マリコスはこの惑星で暮らすうちにフォースのダークサイドに染まっていった。彼は現地のナイトブラザー部族を屈服して従え、ナイトシスターの唯一の生き残りであるメリンに復讐の手伝いを約束し、その引き換えにダソミアの魔術を学ぼうとした。[1]

14 BBY、マリコスはクジェットの霊廟探索するためダソミアにやってきたパダワンの生存者カル・ケスティスと出会った。はじめマリコスはダソミリアンの文化を研究する無害な放浪者のふりをし、霊廟は危険だとカルに警告した。しかしカルが霊廟から戻ると、マリコスは自分もジェダイの粛清の生存者であることを明かし、このパダワンをダークサイドに引き込もうとしたが失敗に終わった。2人はマリコスに不信感をつのらせていたナイトシスター・メリンに攻撃され、離れ離れになった。後日、マリコスはアストリウムを手に入れるため霊廟に戻ってきたパダワンを再度誘惑した。カルが誘いを拒否したため、マリコスはライトセーバーで彼と対決を繰り広げた。しかしマリコスは戦いに破れ、メリンの魔術で地面に封印されてしまった。[1]

登場エピソード

脚注

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。