Wookieepedia
Advertisement

タンテル・アーマー(Tantel armor)は装甲服の一種で、ゴンダーがついたマスクや甲冑からなる。[1]

歴史

10 BBYトバイアス・ベケットキーラハン・ソロチューバッカランド・カルリジアンL3-37らとともに惑星ケッセルスパイス鉱山潜入した際に、タンテル・アーマーを身に着けた。パイク・シンジケートが管理している未精製コアクシウムの強奪を企てていた彼らは、“通商ルート割り当ておよび収益化連合”の代表に扮してカポクエイ・トルサイトと面会し、ベケットは“副提督付き行政次官補オクサナ・フローレン”ことキーラの護衛を演じた。[1]

0 ABY反乱同盟銀河帝国兵器廠アルファ破壊するためジャバ・ザ・ハットの代表団に扮して衛星サイムーン1に潜入した際、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナはタンテル・アーマーに身を包み、ジャバの代理人ハン・ソロのボディガードを演じた。[3]

4 ABY、ランド・カルリジアンはカーボン凍結されたハン・ソロをジャバ・ザ・ハットから救出するため、タンテル・アーマーで正体を隠し、他の仲間に先駆けて宮殿に潜り込んだ。ランドは救出チームのチューバッカやレイア、ルークたちがジャバに捕まった際も変装を解かず、カークーンの大穴の上で繰り広げられた乱闘のさなかに正体を表した。[2]

制作の舞台裏

タンテル・アーマーは1983年公開のオリジナル・トリロジー第3作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で初めて登場した。[2] 2018年の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本家であるジョン・カスダンは、本作でトバイアス・ベケットが身につけたタンテル・アーマーが<ミレニアム・ファルコン>のクローゼットに仕舞われ、のちにランドが『ジェダイの帰還』で同じものを使った可能性を示唆している。[4]

登場作品

脚注

他言語版
Advertisement