Fandom


ターキン・イニシアチヴ(Tarkin Initiative)は銀河帝国保安局先進兵器研究部門内に存在した極秘のシンクタンクである。ウィルハフ・ターキン総督によって創設されたこの研究機関は、デス・スターおよび第2デス・スターを生み出したことで知られる。この機関に所属するオーソン・クレニック長官は、デス・トルーパーの護衛部隊を個人的に指揮した。

ターキン・イニシアチヴの六角形のロゴマークは、面が刻まれたカイバー・クリスタルを表していた。

0 BBY以前、ターキン・イニシアチヴはとある研究所でアサシン・ドロイドBT-1を開発したが、BT-1はスタッフを皆殺しにし、研究所の自爆装置を作動して逃げ去った。BT-1はのちに宇宙空間を漂流していたところを盗賊考古学者ドクターチェリ・ローナ・アフラによって発見され、行動抑制プログラムを組み込まれた後、再起動される。その後、BT-1はアフラやダース・ヴェイダーのために働く殺人マシーンとして活躍した。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。