Fandom


「なにが取り分を倍にしろだ、このがめつい子豚め」
ホンドー・オナカー[出典]

ターバ(Terba)はアグノート種族男性で、惑星ヤルマにあるレクレム・ステーションで働かされていた銀河帝国奴隷。彼はステーションからの逃亡を試みたが失敗し、ナラカ刑務所に収監され、ウィークウェイ海賊ホンドー・オナカーと同房になった。ヤヴィンの戦いの2年前、フェニックス戦隊メンバーが2人を独房から救い出したが、ターバは自由になりたい一心で無謀にも刑務所の出口へ走っていき、AT-DPウォーカーに撃ち殺されてしまった。

経歴

「取り引きは無しだと? お前と組むんじゃなかったよ」
―ホンドー・オナカー[出典]

ターバは銀河帝国時代を生きた男性アグノートである。2 BBY、彼は奴隷労働者として帝国の廃品処理施設レクレム・ステーションで働かされていた。ガス惑星ヤルマ大気圏に浮かぶこの施設では、ターバやメルチを含む数名のアグノートが労働に従事し、銀河共和国Yウイング・スターファイターといった戦闘機の解体作業に従事した。ターバは自由を求めてレクレム・ステーションからの逃亡を試みたが失敗し、惑星ナラカにある帝国刑務所へ送られた。彼はそこでウィークウェイ海賊ホンドー・オナカーと親しくなり、自分がいた労働現場の話をした。

ニクサス・ハブ218で帝国に逮捕されたホンドーは、ターバから聞いた話が反乱者たちとの取り引き材料になると考え、友人のジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーに連絡を取った。ブリッジャーはフェニックス戦隊のメンバー数名を率いてオナカーとターバの救出に駆け付け、2人を独房6611から解放した。逃走中、ターバは自分に取り引きの分け前を2倍寄こすよう要求したが拒絶され、オナカーから“強欲な子豚”と罵られた。冷遇されて腹を立てたターバは他の者たちを置いて1人で逃げ出したが、刑務所のドアを出た次の瞬間、帝国のAT-DPウォーカーに撃たれて命を落とした。その後、脱獄に成功したオナカーはターバから聞いた情報を反乱者に伝えた。

ターバの死後、帝国のスローン大提督はフェニックス戦隊がオナカーを通じてレクレム・ステーションの情報を手に入れたのではないかと予測し、彼らの次の行動を予測した。また、反乱者と共にレクレム・ステーションに潜入したオナカーは、自分はターバの友人だと主張し、メルチたちアグノートの労働者たちを味方につけた。

個性と特徴

アグノート種族のターバは小柄なブタのような外見をしており、アグノート語で会話した。日和見主義者だったターバは、自由と分け前を求めてレクレム・ステーションの情報をホンドー・オナカーに教えた。2倍の分け前が欲しいという要求が拒否されると、ターバは仲間を捨てて1人で逃げようとしたが、帝国のAT-DPウォーカーの標的となって命を落とした。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。