Fandom


ダイニム・クィッド(Dynym Quid)[2]ファースト・オーダーレジスタンス戦争が始まって間もない頃に、惑星カントニカ都市カント・バイトを訪れていたエイリアンである。フィンローズ・ティコマスター・コードブレイカー探すためカント・カジノにやってきた時、クィッドはカジノの中にあるバーで、一緒にいる人間女性を撫でていた。フィンとローズがクィッドたちの近くにやってきた直後、付近にあるカント・バイト・レース場ファジアー競争が行われ、バー全体が揺れた。[1]

クィッドは灰の肌と青いを持ち、顎から茶色がかった触手が生えていた。またクィッドはカント・カジノで黒いローブを着ていた。[1]

制作の舞台裏

ダイニム・クィッドは2017年公開のシークエル・トリロジー映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』で初登場を果たした。[1] キャラクター名は2018年に発売された『Star Wars: The Last Jedi The Official Movie Companion』で判明。[2]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。