Fandom


「私を覚えているだろう? この星のトラブルメーカーに詳しくなったようだな」
―ダイロ・フェルドア[出典]

ダイロ・フェルドア(Dyro Felldor)はアーキット男性で、銀河内戦の時代に種族の代弁者を務めた人物。惑星アーキット血の夜明けと呼ばれる奴隷売買組織の活動が活発化した際、フェルドアは傭兵サポンザとその相棒に助力を求めた。血の夜明けが敗北した後、フェルドアはサポンザのギャング団に感謝の意を伝えたが、彼らと同盟関係を結ぶことは無かった。惑星アーキットでは、血の夜明けが排除されたことで力の空白が生じ、フェルドアも権力闘争に参加した。彼は自らの目的のために銀河帝国反乱同盟軍を利用しようとした。やがてサポンザたちがフェルドアの企みを突き止め、かつての味方同士で対立することになった。[1][2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。