Fandom


ダクティリオン(Dactillion)は惑星ウータパウシャンティポールに棲息した爬虫類の飛行クリーチャー。かつてはパウアンウータイを喰らう獰猛な捕食動物だったが、新鮮な肉で飼い慣らされた後は、ウータパウにおける主要な輸送手段として重宝された。

生態と特徴

Dactillion pen

飼い慣らされたダクティリオン

ダクティリオンは幅25メートルという巨大な翼を持つ飛行クリーチャーである。4本の手足と尻尾を備え、くちばしの先端部分が二股に分かれていた。惑星ウータパウのダクティリオンは大きなシンクホール(縦穴)の中に住み、連れ合いを探すときに地表へ飛んで行った。彼らは最高時速400キロメートルで空を飛ぶことができた。[3] ダクティリオンはもともと獰猛な肉食動物で、パウアンウータイのような知的生物や、ヴァラクティルを捕食した。[5] しかし新鮮な肉を与えれば乗用動物として飼いならすこともできた。[3]

歴史

ダクティリオンは惑星シャンティポール[4] やウータパウに棲息した。ウータパウンはかつてダクティリオンの捕食対象だったが、新鮮な肉を使ってこの動物を飼い慣らし、最終的に便利な輸送手段として利用するに至った。また、ダクティリオンはクローン戦争ウータパウの戦いで活躍した。ダクティリオンはこれといった装甲や防衛手段を持たなかったが、強力な爪とくちばしを使って華奢なバトル・ドロイドを圧倒した。[5]

制作の舞台裏

ダクティリオンは2005年の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場したクリーチャーである。劇中でキ=アディ=ムンディが乗る動物としてデザインされたが、最終的には背景に映り込むだけに留まった。ルーカスフィルムのアーティスト、マイケル・パトリック・マーネインらがダクティリオンのデザインに携わった。[5]

登場エピソード

Dartdactilli

ダクティリオン

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。