Fandom


「それでダグ族は? 協定にサインをしてくれるのかね?」
「いや、議長。サインするには評議会の同意が必要だ」
パルパティーン最高議長ドージナカ・ウラス[出典]

ダグ評議会(Dug Council)、別名マラステリアン評議会(Malastarian council)は惑星マラステアに住むダグ種族の統治機構である。評議会はドージによって統括され、各評議員はそれぞれの部族国家の代表を務めた。ダグ評議会の本部はマラステリアン燃料精製所を見渡す巨大な円錐状の建築物、“インペリアル・パレス”に置かれていた。クローン戦争当時、ドージ・ナカ・ウラスが評議会を率いていた。

登場エピソード

参考資料

関連項目

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。