Fandom


類似した名称の記事はダック(曖昧さ回避)を参照
「シールド発生装置が修理できなければ、我々は座ったダックのようなものだ」
キャプテンパナカ[出典]

ダック(Duck)は銀河系クリーチャー。人やモノが敵の攻撃に対して無防備な状態を指して、“座ったダック”(sitting duck)という慣用表現が使われることがあった。[1]

制作の舞台裏

「しかしアヒルとて泳ぎ方は学ばねばならぬ」
「アヒルってなんですか?」
「そんなことはどうでもよい」
小説版『新たなる希望』より、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーの会話[出典]

注:英単語の duck にはアヒルカモの両方の意味があるため、本稿ではダックと表記している。

ダックに言及した最初のスター・ウォーズ作品は、現在ではレジェンズとして扱われている小説版『スター・ウォーズ 新たなる希望』(アラン・ディーン・フォスター著、1977年発売)である。オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーとの会話でダックについて言及し、ダックが何かを知らないルークが聞き返す場面がある。

正史媒体で最初にダックに言及した作品は、1999年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』であり、キャプテン・パナカが「座ったダック」(sitting ducks)という表現を使用している。ただしこれはスター・ウォーズ世界独自の表現ではなく、“格好の標的”を意味する英語の慣用表現であるため、翻訳媒体で“ダック”という部分が訳出されることはまずない。

Duck

初期の設定で「duck」と呼ばれていたペリッキ

また初期の設定では、『ファントム・メナス』で惑星ナブーの川辺に登場する鳥類クリーチャーが公式にダックと名付けられ、当時の公式データバンク・サイトにも「duck」というページが存在した。[2] しかしのちにこのクリーチャーはペリッキと名前を変更され[3]、正史でもその設定が引き継がれている。[4]

登場エピソード

脚注

外部リンク

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。