Fandom


類似した名称の記事はダック(曖昧さ回避)を参照
「ご気分はどうです、隊長?」
「最高だよ、ダック。君は?」
「帝国軍を一手に引き受けたい気分ですよ」
―ダック・ラルターとルーク・スカイウォーカー[出典]

ダック・ラルター(Dak Ralter)はカリストVI出身の人間男性で、共和国再建のための同盟に仕えたスターファイターパイロットである。3 ABY当時、惑星ホスエコー基地に配属されていたラルターは、ローグ・リーダールーク・スカイウォーカースノースピーダーに乗り込み、砲手を担当した。この年、彼はホスの戦いに参加して戦した。

経歴

Dak-hd

ダック・ラルター

人間男性、ダック・ラルターはディープ・コア惑星カリストVIに生まれた。理想主義者だったラルターは、銀河帝国を倒して共和国を再建すべく、共和国再建のための同盟に参加する。やがて彼はローグ中隊のメンバーになり、惑星ホスエコー基地に配属された。3 ABYホスの戦いの直前、ラルターはセイン・カイレルと親しくなった。ホスの戦いが始まると、ラルターはローグ・リーダールーク・スカイウォーカーT-47エアスピーダー(スノースピーダー)に砲手として乗り込み、仲間がエコー基地から脱出する時間を稼ぐため、帝国地上軍と交戦する。しかし彼はスノースピーダーが被弾した際に命を落とした。ラルターが戦死した直後、スノースピーダーは雪原に不時着し、AT-ATウォーカーによって踏み潰されたが、ルークは機体から脱出を果たした。

制作の舞台裏

ジョン・モートン1980年の映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でダック・ラルターを演じた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。