Fandom


類似した名称の記事はダレンを参照
「なぜ皇帝の手先がかつてのジェダイであることを世間に暴露しないのです? 皇帝の支配に打撃を与えられるでしょう」
「ダレン…確かに皇帝即位直後であれば効果もあっただろうが今となっては…誰も聞く耳を持つまい」
―ダレンとフェレン・バー[出典]

ダレン(Daren)は人間男性で、銀河帝国時代の初期にジェダイパダワンフェレン・バーに付き従った信奉者の1人である。クローン戦争中、ダレンはB2スーパー・バトル・ドロイドに追い詰められていたところを、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーに救われた経験があった。ジェダイ・オーダー崩壊して帝国が誕生すると、ダレンは恩義があるジェダイのために何かがしたいと考え、バーの仲間に加わったのだった。[1]

18 BBY、バーは大規模な反乱を誘発させるため、惑星モン・カラ王国と銀河帝国の対立を煽った。モン・カラ占領戦のさなか、バーはジェダイの粛清シス卿の陰謀であることをダレンたちに明かした。皮肉にも、ダレンが帝国と戦うきかっけを作ったアナキン・スカイウォーカーは、いまや帝国に仕えるシス卿ダース・ヴェイダーとなっていた。バーの計画は成功したものの、その信奉者たちは尋問官帝国軍の攻撃でほぼ壊滅し、ダレンもシックス・ブラザーライトセーバーで斬り殺された。[1]

制作の舞台裏

ダレンは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。本作の翻訳版単行本は、シリーズ前編との合本で、2019年ヴィレッジブックスから『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』というタイトルで発売された。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。